カメがウサギにドンブリ勝負

カテゴリ:たべもの・のみもの( 164 )




開運えと飴&宝船七福神飴

あまりにも可愛くて、食べられず。
ずーっと持っていたのですが、気づいたら賞味期限が6月。

食べる前に皆さまへご紹介!ということで、昨年末に購入した
”開運えと飴”と”宝船七福神飴”でございます。

いずれも金太郎飴本店さんの飴。
d0075206_21203925.jpg

d0075206_21205933.jpg
d0075206_21211390.jpg
d0075206_21212318.jpg


どちらも、中に御神籤が入っておりました。
d0075206_21213427.jpg

少し項目が違っているようです。

外装も可愛い、飴も可愛い、そして食べて美味しい。
来年というか、今年の年末も買いに行こう!と決めたものの。
はて、どこで購入したんだったかしら??

銀座の三越だったような、そんな気がしてきました。
いや、日本橋の三越。。。うーん、年末までに思い出せますように。



by yui_usakame | 2015-05-09 21:27 | たべもの・のみもの

大阪限定 行列必死という≪バトンドール≫

大阪土産をいただきました。
d0075206_18245581.jpg


江崎グリコさんが大阪にて限定発売中の≪バトンドール≫というそうな。

大阪のデパートでも2店舗しか販売していないし、通販もしていない、という。
並ばずには買えないほどの人気商品で、その方も1時間近く並んでくださったそうな。

す、すみません。まったく存じませんでした。

ホームページによりますと、

>バトンドールとはフランス語で「黄金スティック」のこと。
>その黄金色に光り輝くスティックは、
>バターをふんだんに練り込んだ生地をじっくりと焼き上げ、
>澄ましバターをしみ込ませて創り上げた
>バターリッチなプレッツェル。

ほうほう。

d0075206_20162351.jpg


いただいたのは、期間限定の宇治抹茶。
たっぷりと宇治抹茶チョコでコーティングしてございます。
うむ。確かに、いつものポッキーとは味わいの違う濃厚な仕上がり。


4月中旬に発売予定のシチリアレモンも食べてみたいかも。
とはいえ、大阪へ行く予定もなく。
幻のまま終わりそうな気配濃厚だけれど。

もしかしたら、もしかしたら、また今回のような幸運があるかもしれぬ、と
心ひそかに棚牡丹を願うのでありました。



by yui_usakame | 2015-01-25 20:32 | たべもの・のみもの

英国フェア 三越本店

それは三越本店で、9/3から一週間だけ開催された英国フェアでのこと。

エレベーターを降り、会場へ足を踏み入れた途端に目があってしまったのが

Ulster Weavers(アルスター・ウィーヴァーズ)
ドアストッパー「ドッグ」

Ulster Weavers



テリアがドアストッパーになってる!!

手に持ってみると、ずっしりとした重み。
当たり前か、ドアストッパーだし、と自分にツッコミ。

説明書きによりますと、タテ約26cm x ヨコ約27cm。
素材はコットン 100%。そして重量が約1.5kgとな。
可愛いなぁ、連れて帰りたいなぁ。

でも美術館2つハシゴして疲れてるから、これを持ち運ぶのは・・・と
泣く泣く諦めた訳ですが。
まさかAmazonで、こうも簡単に見つけられるなんて。。。
「ドアストッパー テリア」だけの検索で見つかるとは。。。
恐ろしい世の中だ。あの手この手で、私の財布を狙ってくる。。。
(大きく勘違い)


そのほか、テリア関係で見つけたのはカフスボタン。
横向きテリア&犬小屋が一対になっていて。
これを差し上げて喜んでいただける殿方がいれば即購入でしたがねぇ。
ほほほ。


あとは、ウォーカーズ社のショートブレッド。
今まで見たことある缶は
d0075206_13335028.jpg

ですが、これらとは違う”正面向いて座ってる”バージョンが
売られていたんです。
本家のホームページを探したけれど、そこにも載っていないという。
シークレット缶??なおさら、悩んでないで購入してくれば良かった。


自宅で入手できると言っては悩み、入手できないと言っては悩み。
やれやれ、困ったものです。


それにしても、広かった!!
地元デパートでやる〇〇展とは大きく違った!さすが、本店であります。

想像以上にグッズ販売が多くて驚きました。
前に、英国王室御用達に、無理やりカンバーバッチ氏をからめてみるという
タイトルも本文も長い記事を書きましたが
イギリス最古の香水店FLORIS(フローリス)も出店されてました。

なんだか英国王室御用達と思うと恐れ多くて(?)、こっそり香りを試そうと
思ったら店員の方が「どうぞ」とテスターを用意してくれました。
そして、あまりの動転で何の香りをかいだか覚えてない自分が凄い。
たぶん、、、ライムだったですかね?


色々と誘惑を振り切り、食品関係のコーナーへ。
通路が狭く感じるほど、多くのお店が並んでいました。いや、実際通路狭かったな。

ベノアさんのスコーンを並んで購入。
d0075206_13425040.jpg

プレーン、紅茶、カレンズそして限定のイチジク。
スコーンも美味しいけれど、イギリス・ロッダ社のクロテッドクリームが美味しいと
噂を聞いておりましたので、一緒に購入。

スコーンもクリームも美味しゅうございました。
クリーム1個がスコーン2~3個分とのことなので、クリームを もう1つ買ってきても
良かったなぁ。。。

スコーンは冷凍すれば1か月は大丈夫、と。(常温だと3日間)
知らなかった、スコーンが冷凍できるなんて。
しかも、ホイルに包んでトースターで温めると美味しいこと。


前日、違うデパートで開催していたイタリア物産展に立ち寄り。
そこで購入したトリマルキのオレンジマーマレードを買っといてよかった~。
ブラッドオレンジマーマレードとも迷ったんですがねぇ。
まぁ、どちらを購入しても、スコーンと美味しく食べられたかと。

イタリア物産展では多数オリーブオイルが出ており、どのメーカーにしようか
散々悩みました。
英国フェアでは、紅茶が同じように沢山ありました。
残念ながら、すべてが試飲可ではないのが難しいところで。

H.R.ヒギンスも美味しそうだったなぁ。
Berry Sextet (ベリーセクテット「ベリーの六重奏」)も気になった。。。
機会があれば、表参道のお店に行ってみよう。


英国フェアのチラシで見たときから気になっていたWilliamson Teaへ。
d0075206_14234263.jpg

エレファントキャディー(象缶)と言うらしい。
高さが16.5cmで、中にはティーバッグが40個入っているとか。


悩んで悩んで購入したのは、こちら。
d0075206_14335123.jpg

”Tippy Assam(ティッピーアッサム)” 

缶の上蓋、上蓋の裏、中蓋にも象さんが。
側面の象さんたちは、前の象のシッポを鼻で掴んでいたりして可愛い。
動物モチーフ大好きなもので、つい缶だけで購入してしまいましたが
大変美味しゅうございます。

ミルクをたっぷり入れてお楽しみください、とのこと。
少し濃いめに入れて、豆乳を投入。
はー、満足満足。


そうそう、紅茶とミルクでいつも思い出すのは

笑う大天使(ミカエル) (3) (花とゆめCOMICS)

川原 泉 / 白泉社



川原泉さんの『笑う大天使(ミカエル)』3巻。

主役の一人である柚子さんが、町内会の福引で英国旅行を当てて。
担任であるイギリス人・ロレンス先生の実家に泊まることになるのですが、
それがまた凄い豪邸だった、と。

そして実は先生の本名が、えらく長いことも判明。
ザ・ライト・オノラブル・ヘンリー・エセルバート・ロード・ロレンス・オブ・ノーザンプール。
ベネディクト・ティモシー・カールトン・カンバーバッチも短く感じますな。

柚子さんが先生の実家に到着すると執事ベネットさんが聞きに来るわけです。
「お嬢様は紅茶になさいますか?それともコーヒーに?
 日本から取り寄せた緑茶もございます」と。

お茶をくださいというと

「中国産に致しましょうか?インド産、それともセイロン産に?」

「レモンとミルクは?それともクリームになさいますか?」と聞かれ
ミルクを、と答えると

「ヘレフォード種、エアシャー種、ジャージー種、デイリー・ショートホーン種の
 いずれになさいますか?」と。

まぁ、これが本当かどうかは不明なのですが。
ミルクティーを飲むと思い出して笑ってしまうのであります。


ただ、このエピソードがでてくる”オペラ座の怪人”はとても切ないお話で。
”美貌の果実”のように切ない。

でも、どちらも切なさのままでは終わらせないのが川原泉作品のいいところというか、
私が好きなところです。
あー、久々に読み返そうかな。

と、大きく英国フェアから外れた話で締めくくるのでありました。



by yui_usakame | 2014-09-15 15:30 | たべもの・のみもの

ツタンカーメンの豆  ちょっと、ホロにがい結末

メトロポリタン美術館 古代エジプト展を見終え、出口に向かいつつも
”売店を見れば覗かずにはいられない病”にかかっているもので。

ぶらぶらと売店を見て回っておりましたら、古代エジプト展と連動するように
エジプトグッズが沢山。

カバのウィリアム君のピンバッチ、よし購入。

他に何か面白いものはないか、とキョロキョロしておりましたら
d0075206_10481613.jpg

ツタンカーメンの豆 ビーンズパワー?!


以下、説明書きです。

ツタンカーメンの発掘者カーター博士が持ち帰った紫色のさやを持つ
エンドウ豆。豆は良質のタンパク質に恵まれ豊富な栄養価でいっぱい。

イギリスの考古学者カーナ.B.カーター氏がツタンカーメンの王陵を
発掘した際、副葬品の中から発見。
当時、エジプト人の食卓に並べられていたと思われます。
カーター氏はその豆を持ち帰り栽培に成功。
その一部はアメリカ、ドイツに渡り栽培されました。

【特徴】
*花はピンク *さやは紫色 *実は茶色(乾燥時)
元種 : ドイツ
栽培 : 長野県信濃町

<植え時>
*日当たりの良い場所に種を蒔いて下さい
*春に蒔き、収穫は初夏がベスト



ほー、これはこれは遥々お越しくださいましたなぁ・・・
種って、すごい生命力だよなぁ。

たしか2000年以上前の古代ハスの種が遺跡から見つかって、栽培に成功したって、、、
と大賀ハスの話なんぞ思い出しながら、購入してきた訳です。


で、Wikiを見ておりましたらツタンカーメンの項目に

>ツタンカーメンの墓からはエンドウ豆も発見されている。

おお!これだ、これだ。私が手にしているのは、この子孫!!

ん?

待てよ、『要出典』マークついてるぞ。。。


>日本において「ツタンカーメンのエンドウ豆」として栽培されているエンドウ豆が、
>本当にツタンカーメンの墓から出土した豆を起源としているかについては
>確かな証拠がない。
>日本におけるエジプト考古学の第一人者である吉村作治は、この件に関して
>否定的である。



・・・・・・・・・えーーーっと。


まぁねぇ、種に血統書はついてませんしねぇ。


この商品には会社名(ドイツっぽい)と、日本の電話番号が入っております。
でも、会社名+電話番号で検索しても出てこない。


電話番号だけで検索してみたら、日本の会社がヒット。

ホームページを見てみると、、、
うむ、確かに”ミュージアムグッズの制作”に関係しているのは確からしい。
ならば、日本の会社名を出せばいいのでは?
それか、「日本でのお問い合わせは、こちらに」とか??


まぁ、いいんですけど。
冗談半分で、畑をやっている人にプレゼントしようと思っているものだから。
種に変わりはないだろうし。

これで、エンドウ豆ですらなかったら、、、ねぇ、それは、ねぇ。。。

説明書きに「考古学者カーナ.B.カーター氏」って書いてあるのも、売店で見たときから
謎だったんだよなぁああああ。(今さら遅いけど。遅すぎるけど)

カーナって、カーナヴォン卿のこと?!混じっちゃった?!混じっちゃったの??
じゃ、Bってなんだろ。


ハワード・カーター(Howard Carter)

第5代カーナーヴォン伯爵、ジョージ・エドワード・スタンホープ・モリニュー・ハーバート
(George Edward Stanhope Molyneux Herbert, 5th Earl of Carnarvon)


カーナヴォン卿の”Herbert”の部分のB??????


ま、いいや(いいのか!こんだけ、うだうだ書いておきながら!)
ロマンと、ブログのネタを与えてくれたツタンカーメンの豆なのでした。



by yui_usakame | 2014-08-17 11:31 | たべもの・のみもの

春水堂(ちゅんすいたん) タピオカミルクティー

人生で初めてタピオカミルクティーを飲んだのは、
はて、どこでしたでしょう?

日本だったのは確かなのですが、その後に台湾へ行き
現地で飲んだタピオカミルクティーの美味しさとタピオカの大きさに
感激した覚えがあります。

先日、台湾に本店があるという春水堂というお店へ行きました。
タピオカミルクティーで有名なお店のようです。

d0075206_20234237.jpg

カップに描かれた女の子が可愛い。

私がカップに書かれた「春水堂」を撮影したくて、1文字ずつ写真撮影していたら。
友人が、「ちょうど3人いるんだし並べたら1回で済むんじゃない?」と。

もう、心底感心しちゃいまして。
なんでも自分一人で解決しようとしなくても、三人寄れば文殊の知恵というか、
自分がいかにミクロ視点なのか、という。愕然。

d0075206_20235186.jpg


アイスだけでなく、ホットもあるのが私にとってツボでして。
甘さも、ノーマルと甘さ控えめが選べました。


友人が飲んでいたタピオカジャスミンミルクティーも美味しかったし、
お店の方が「試飲をどうぞ」と小さなカップに鉄観音ミルクティーを
入れてきてくれたのも美味しかったです。

次回は日本オリジナルの落花生ミルクティーも試してみたいなぁ。


いやはや、タピオカ万歳(そんな〆でいいのか。。。)



by yui_usakame | 2014-05-25 20:46 | たべもの・のみもの

Tea forte  ~ティーバッグのランボルギーニ~

お土産にいただきました。

d0075206_22545041.jpg


Tea forteの”ウォーミング ジョイ ミニツリー”だそうです。

蓋を開けますと
d0075206_2255498.jpg


ラムレーズン ビスコッティ(紅茶)
スウィート オレンジ スパイス(紅茶)
スウィート ジンジャー プラム(ハーブティー)
ウィンター チャイ(ハーブティー)

d0075206_22551520.jpg


三角形のフォルムも、ピョンと飛び出た葉も可愛らしい。
このティーバッグは、ひとつひとつが手作りで、かつ、

>シルクのような手触りの素材は企業秘密となっております。

秘密と言われると知りたくなるけれど、ここに就職しても
トップにならないと教えてもらえないかもしれないしな。


箱を開けたときから、美味しそうな香りが立ち上り
「さっすが、ティーバッグのランボルギーニ!」と。

(米国の雑誌で、ティーバッグのランボルギーニと評されたそうです)


ところで、ランボルギーニってどんな車なんでしたっけ?と
画像検索してみたところ・・・・・・

おそらく、これまでの人生で遭遇したことがない車だと思われます。
なぜに、ティーバッグを車に例えたのか・・・謎ではありますが。


そうそう、それで紅茶の話に戻りますと。


>沸かしたてのお湯をティーバッグに直接あたるように注いで

とのこと。

あと、ティーバッグ1個につき

>約2-3杯お作り頂けます。湯量に応じて抽出時間を長めにして下さい。


Tea forte よくある質問ページより

直接お湯をあてると、渋みがでてしまいそうな気がしたのですが
勿論、そんなことはなく。

2杯目も美味しくいただきました。


いつかTea Chestを購入すべく、チェスト貯金を始めようと思う今日この頃です。



by yui_usakame | 2014-05-24 00:09 | たべもの・のみもの

カレルチャペックの紅茶

カレルチャペックの紅茶をいただきました。
d0075206_16301978.jpg


写真の一番右に写っているのが"FLOAT LEMON TEA"。

はて、何がFLOATなのか?と不思議に思い開封してみると

d0075206_17413726.jpg

なるほど、輪切りのレモンが。久しぶりにレモンティーを堪能。
まさかレモンが入っているとは思わなかったから驚いたなぁ。

ハーブティーの”グッドナイトハーブ”も”シェル”も美味しかったです。

昔は、「ハーブティー?無理無理、飲めません」ぐらいの勢いだったのに
大人になって味覚が変わったのか、最初に飲んだのが強烈すぎたのか・・・?


カレルチャペックのホームページを色々見ていたら、『紅茶道具』というカテゴリ内に
”鳥獣戯画 紅茶碗”がありました。可愛いなぁ。
画像は、コチラです。

で、ふと鳥獣戯画グッズって他にどんなものがあるだろう?と
探していて見つけた記事。

日本におけるモチーフとしてのウサギ

知らなかったなぁ。
ウサギが月にいるのは、そうゆうことなのか。
いや、大丈夫です。本当にいないのは知ってます。
幼稚園の七夕祭りで、同じクラスの男子が「ばかじゃねぇ、月にウサギなんていねえよ!」
って教えてくれましたから。

サンタクロースは信じてなかったけど、ウサギは月にいるって信じていたから
本当に驚いたなぁ。

まぁ、サンタクロースを信じる云々の前に、サンタクロースという概念がなかった、
というか。
我が家では両親がプレゼントを用意してくれる、という約束だったので。

なので、サンタクロースという存在について友達が話しているのを聞いて
「へー、みんなのうちにはサンタさんが来るんだ。へー」というぐらいの
ぼんやりとした子供でした。
なぜ、うちには来ないんだろう?という疑問とか持たない子だったんだなぁ。

って、紅茶から相当話がズレました。
冷えてきたし、そろそろ温かいお茶を入れに行こうかな。



by yui_usakame | 2014-04-05 17:44 | たべもの・のみもの

北海道の美味しいポタージュと、シロクマラーメン

先日書いた、イギリス人ジェフの件。
”英国の人気シェフ”が色々ワイルドだった


なんと、今晩の『地球ドラマチック』で違うバージョンが放映されて
おりました!

番組名は「人気シェフが行く イギリス料理をおいしく!」


女子フィギュアを録画するのに夢中で、録画ができませんでした。。。残念。
アンコール放送だったため、再放送がないみたい。しょんぼり。


気を取り直して、スープの話を。


久しぶりに購入した、北見グリーンさんのオニオンスープ、
そして初購入の白花豆のポタージュ。
d0075206_2118777.jpg

正式?には、”北海道の自然が生んだ白花豆のポタージュ”。


このオニオンスープに、溶けるチーズを入れると美味しいという
クチコミを見かけたので、次回試してみよう。
もちろん、そのままでも十分美味しいです。明日の朝も飲んじゃおっと。

そして、ポタージュのクリーミーなこと!
とても粉末とは思えない、とろみであります。
正直、そんなには期待はしていなかっただけに(すみません)驚きました。


そうそう。

北海道つながりで、お土産でもらったシロクマラーメンの話も。
製造している藤原製麺さんのホームページは、こちらです

数年前、テレビでマツコデラックスさんが食べていたのを見ましたが
まさか、我が家にやってくる日がくるとは。
いらっしゃい、シロクマさん。


まず、パッケージからしてキュート。
d0075206_2222344.jpg


しお味で、スープにもシロクマのイラスト。
醤油味は、パッケージがピンクのようですね。

パッケージのモデルは、ピリカちゃんというシロクマとか。
円山動物園に、可愛い写真がでていました。
頬杖ついている感じで、とても可愛い写真です!

ラーメンの作り方も、シロクマが教えてくれます。
d0075206_2223453.jpg


外袋にも少し書いてありましたがwikiに詳しく書いてあったので
引用いたしますと

>この商品はコーズブランド(寄付付き商品)であり、売り上げの一部
>(1袋につき3円)が円山動物園に寄付される。

とのこと。食べて、ちょっぴり動物たちに貢献できるし、
乾燥ラーメンということを忘れるぐらい美味しいし、次は醤油味を
愉しみたいと思う今日この頃です。



by yui_usakame | 2014-03-29 23:08 | たべもの・のみもの

金沢・能登フェア

デパートで金沢・能登フェアをやっていたので、ぶらぶらと
のぞいてきました。

どのお店も美味しそう・・・決められない。決められないけれど、
もうこれ以上迷っていたら帰れない、ということで購入したのは

紫舟小出(しばふねこいで)さん
※ クリックすると音が出ますので、ご注意ください

d0075206_2130339.jpg

こちらは、山野草の”野”という商品。

>その名もやさしい山野草。
>「山」と「野」は蒸しカステラと抹茶のそぼろ餡が二層になった
>お菓子です。
>「草」は小豆の入った生地に加賀の丸芋を使用し、かるかん風に
>蒸し上げました。


~ホームページより~

色彩も可愛らしく、ふんわり、しっとりとしていて、大変美味しゅう
ございました。
なのに、2個入り315円。なんという、お買い得。

”山”と”草”も、まとめて購入してくれば良かった。。。
”くるみ最中”も購入してくれば良かった。。。


続きましては、金沢豆腐さん

d0075206_21425126.jpg


写真ですと大きさが分かりにくくなってしまいましたが
この厚あげが大きくて驚きました。

A5サイズぐらいあったんじゃないかな。いや、本当に。
冗談でなく。

同じ大きさの”うすあげ”も購入、こちらは冷凍も可能とのことでした。

お店の方に、「お鍋にするなら、こちらもオススメです」と言われたのが
写真の中央に写っている丸いもの。


すみません、包装を捨ててしまい商品名が分からず・・・
ホームページや、もらってきたパンフレットで探したのですが
どーにも見つからない。

もちっと、かつシャキッとした歯ごたえもあって美味しかったのに
名前が分からない。うーん、残念。


金沢・能登方面も美味しいものが多くて、もう一度ゆっくり訪れて
みたいものです。
あ、いや、その食べ物だけでなく、兼六園などものんびりと
歩いてみたいなぁ、と。


20代のはやいうちに、日本三大名園を制覇?してしまったのですが
今の自分なら、もっと違った角度から愉しめるんじゃないかと思っている
今日この頃です。


はっ!!

忘れていました。

最近、我が家の鍋に欠かせなかったもの。

それが”伊勢醤油ぽんずしょうゆ”

>伊勢神宮奉納「伊勢醤油」をベースに、贅沢なだしを加え、徳島産の
>天然柑橘果汁をたっぷりつかって仕上げた贅沢なぽんずしょうゆ。
>しっかりした味わいの伊勢醤油と、ふんだんに使っただしと果汁のおかげで、
>非常にのびのある味わいに仕上がっています。


~ホームページより~

もう、これが絶品で。

先日、使い切ってしまったのですが今まで使っていたポン酢が
なんだか物足りなく感じてしまうほどに。

これは縁があれば是非お試しいただきたい、と勝手ながら思うので
あります。はい。



by yui_usakame | 2014-02-24 22:22 | たべもの・のみもの

ビバ!ゴンチャロフ製菓

バレンタインに、という訳ではないのですが親戚からチョコを
いただきました。

数が多そうだったので、職場へ持って行ったところ

d0075206_20535469.jpg



わあ!


しまった、こんなに素敵なチョコだったら家で大切に食べれば良かった
と内心思いつつ(おいおい)、慌てて写真撮影。


ゴンチャロフ製菓のバレンタイン限定チョコだったようで、蓋には
SUIRAKU JAPAN と書いてあります。

私は食べられなかったのですが、小鳥は”ほうじ茶”と”きなこ”味だったようで。
扇形や、ききょうなど形も美しく、味は濃厚だけれども小ぶりなので
しつこくなく、美味しくいただきました。


ゴンチャロフ製菓のホームページを見たら、すでにバレンタイン関係の
ページは無くなっており、今はホワイトデーの品物が花盛り。

しかもホワイトデー関連の商品は2/25~販売なんですって。


あぁ、マロングラッセ大好きなんですよ私。

誰にも聞かれてないですけど、マロングラッセ大好きなんです。
しばらく食べていないなぁ、、、

パミエというゼリーも美味しそう、、、形も色も可愛いし。
3,150円以上なら送料無料だし、えーっとマロングラッセとパミエと・・・
などと、エア注文を楽しんでしまった金曜の夜であります。



by yui_usakame | 2014-02-21 21:28 | たべもの・のみもの

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。