カメがウサギにドンブリ勝負

京都の風景~其の弐~

京都の風景。

第二弾は食べ物に関する風景で
ございます。

《出町ふたば》 和菓子
d0075206_12165839.jpg

豆餅の他にも、色々と美味しそうなお菓子が
あったのですが。。。
見事に完売しておりました。

豆餅も残りわずかだったようなので、食べられて
良かった~。
ほんのり塩味。豆の大きなこと!
そして、しっとりとしたあんこ。

行列の理由が十分に分かりました。
今度は早く行って、違う味も試さねば~!!


《野呂本店》 漬物
d0075206_1217869.jpg

葵大根、京小かぶ、小ナス、セロリ、そして
青てっぽう漬けを購入。

期間限定のグリーンボールも美味しそう!
だったのですが、いかんせん食べきれないので
涙ながらに断念いたしました。。。

すべて美味しくて。
あっという間に食べてしまいました。
やはりグリーンボールも買ってくるべきだったか。。。


《松屋常盤》 和菓子
d0075206_12173671.jpg

本で読んだことはありましたが。
初めて目の当たりにしました。

それは、、、ショーケースの無い店。

お店に入ると、畳敷きのスペースがあって。
そこには、ずらっと紙袋が並んでいて。
紙袋の中身は予約の品々。

あらかじめ友人が予約しておいてくれたので、
月に何回かしか発売されないお菓子を食べることが
できました。栗が入っていて、しっとりとしていて、
美味しかった。。。

写真?

食べる前、非常に興奮しながら撮影したので、
ブレちゃって。。。


《しののめ》 じゃこ山椒
d0075206_12175215.jpg

d0075206_139055.jpg

非常に優しい味でした。
ご飯にかけても美味しいですが、御主人から伺ったのは
少しご飯に埋めて(!)から食べる方法。
お勧めです!!さらに香りと味が増します。幸せ~。。。


《末富》 和菓子
d0075206_1415595.jpg

「両判」という、さくっとした食感の
甘辛い麩菓子です。

とても綺麗な包み紙。「末富ブルー」と言うそうで。

色褪せしやすく、長く置いておくとブルーの
微妙な色合いが変色してしまうため、
いっぺんにたくさんは印刷できない、とか。

『おもたせ暦』 平松洋子著 文化出版局 に
書いてありました。

包み紙を大事に取ってあるけれど、いつかは
色が変わってしまうのかぁ。残念。


d0075206_1421038.jpg

一番左 ; 「精進生麸 禅(生姜)」
       >なま麸を精進煮にしてあります。
       >まるで、お肉か貝のような食感です。
       《半兵衛麩》

       美味しいです。ご飯がすすみます。困るぐらい。
        
真ん中 ; グリーンティー「宇治清水」
       《一保堂茶舗》本店にて購入。大好きです。

一番右 ; 《ぎぼし》「刻み昆布茶」
       粉ではなく、昆布が細かく刻まれています。
       個人的には、お茶漬けにも使っております。はい。
       「とろろ昆布」「おぼろ昆布」も購入しました。
       お吸い物にすると、本当に美味しいです。


《亀屋良永》の「御池煎餅」
d0075206_1534654.jpg

甘くて、しゃりっ。
十数年ぶりに食べましたが、変わらぬ美味しさが
嬉しかった。。。

ラベルの文字を見て、おや?と思った方。
そうなのです、棟方志功さんが手がけたそうで。


とまぁ、京都の美味しいものは数限りなく。

次回もまた、いろんな美味しいものに
出会えるといいな、などと思う今日この頃です。。。
[PR]



by yui_usakame | 2007-10-15 16:27 | なんちゃって旅行記

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。