カメがウサギにドンブリ勝負

映画『裏切りのサーカス』 ギラムさん中心で⑤

映画『裏切りのサーカス』を、カンバーバッチ氏演じるギラムさんを中心に、
つまり異常にクローズアップしてお届けしてきました、このシリーズ。

いよいよ、今度こそ最終回となります。

カンバーバッチ氏目当てで見始めたことは否めませんが、幼少よりスパイものが
大好きな私としましては映画自体にも興味があったのです。

ただ、そこに出演していた俳優さん中心で観ることになっただけで、ええ。
言い訳です。

ただ、ただ、これだけは申し上げたい!
以前にも書きましたが、興味があれば是非観ていただきたい作品だと
私は思っています。

難解で分かりにくい、というレビューも見かけました。
ですが、この映画の世界観が好きな方は苦にならず、むしろ、何回も観られることに
喜びを感じるんじゃないかと。。。

公式サイトに、「これを読んでから映画館へ」といったページが用意されているのは
原作を読まず、映画館で1回だけで内容を把握するのは難しいだろう、との判断から
だと思われます。勝手な想像ですが。

主役のスマイリーを演じたゲイリー・オールドマン氏の演技。
ぜひ、ご堪能くださいませ。もちろん、カンバーバッチ氏もお忘れなく。

という訳で、今回もネタバレ全開でまいりますので未視聴の方は
お気を付けくださいませ!!





*********************************************************






いよいよ、モグラ(二重スパイ)の姿を暴くときがやってきました。

嘘の情報を流し、誰が動くのかを探ります。
スマイリーさん、椅子に座ってスタンバイ。
d0075206_22321069.jpg

あれ?靴紐に手を伸ばしてますね。寛ぎモード??

どうやら、うっかり靴音をさせてしまって、せっかくおびき寄せたモグラが逃げださぬよう
靴を脱ぐようであります。

そして、このシーンで他に注目すべきがスマイリーさんの後頭部付近から出ている
スマイリーオーラ!
スマイリーさんの熱い想いが滲み出ているかのような神々しい光景・・・?


そして、次の準備は・・・
d0075206_22323447.jpg

100円ショップで売ってそうなソフトメッシュケースを取り出しました。
一瞬、何か腹ごしらえをするのかと思いきや。。。そ、そこから拳銃ですか?!

まぁ、花柄のポーチじゃ似合わないしな。他になかったのかな。

「拳銃 ケース」で検索したら、このようなものが・・・今年5月の記事です。
[新商品] iPhoneが拳銃になる拳銃型ケース。撃てよ・・・撃ってみろよ!!

こっちも面白そう・・・
ガンホルダー型 スマホ・ケータイケース(iPhone)
ああ!こちらのサイトでは映画の小道具(のレプリカ)が購入できるようですね。
インディ・ジョーンズのフェルト・ハットとかある!
フォレスト・ガンプのベンチ!!!

そうそう、話を戻しまして。
刑事ドラマで良くお見かけする、シャツの上に着用するガンホルダーはいかがだろう?と
思ったのですが、スマイリーさんは日常的にガンファイトしてる訳ではないので、かえって
それだと嘘くさいのかな、とか。あの袋にした理由を知りたい・・・


ちなみに、この映画はかなりトーンが暗めに撮影されておりまして。
このブログで紹介するにあたり、色調を明るく調節しております。

同じシーンをオリジナルバージョンで掲載してみますと
d0075206_22325033.jpg

この渋めのトーンが、映画の世界観を深めているようにも思えます。

そして、モグラは抵抗することなくアッサリ降参。
d0075206_2233657.jpg

このシーン、トーンが暗いからモグラの顔が分からないのかと思ったら、
うむ、明るくしても分からなかった。この角度じゃ分からないですよね。

モグラの正体は、ビル・ヘイドン。
スマイリーさんの奥さんと浮気していた、あの人物。
d0075206_22401135.jpg

つまり、KGBのボスであるカーラによる計画の一つだった、と。
もしかしたら、スマイリーさん少し安堵したかもしれませんね。

巧妙な罠だったのだ、と思えば。奥さんが引っ掛かってしまったのも仕方ない、と。
そのあたりは映画では出てきませんでしたので私の妄想ですが。
奥さんとスマイリーさんとの関係、心情は原作を読んでみないと分からないかも
しれません。。。


このあと、ビルは収容されている施設の敷地内にある小さな屋外のスペースに
でて、1人で物思いにふけります。

これを言ったら叱られるかもしれませんが・・・結構、簡単に逃げられそうな感じの
収容施設なんですよね。
屋内にいるのかもしれませんが、警備の姿も見えないし。

なんというか、公園の一角にある公園事務所、みたいな風情の建物で。。。


その施設へと、用心しつつも近づいていくビルの恋人・ジム。


そして、銃をかまえるジムの姿。


その瞬間、ビルとジムの目が合い・・・

私には、ビルが「あぁ、来たのか」というように微かに笑ったような表情を
したようにも見えました。

そしてジムが引き金をひき、ビルが倒れるわけなのですが。
ジムが弾を撃ち込んだ場所が、私にとっては意外な場所でして。

そこなんだ!?と。

ジムがビルを殺害した理由。

自分(ひいてはサーカス、母国)を裏切ったことへの制裁なのか。
それとも、ロシアへ引き渡されて酷い目にあう前に、ひとおもいに幕引きをして
あげたい、という愛情なのか。

そこで、やはり撃ち込んだ場所を考えてしまうんです。
いや、そこからこの謎が紐解けるかは不明なのですが。

私だったら、どうするだろう。
憎んでいたら、どこを狙うだろう?
愛していて、苦渋の決断を下したとしたら、どこを狙うだろう?と。


そして、ジムにビルの居場所を教えた人物。
もしかしたら、、、スマイリーさん?

ジムは、もうサーカスを去っていて内情を知ることは難しいだろうし。
最高機密を扱う部署に、二重スパイがいたことを世間に公表するとも思えないし。
そんなことしたら、サーカスの信用ガタオチだし。
ただでさえ、最高と思えた作戦がロシアの仕掛けた罠だった訳で。。。

なので、想像の翼を広げすぎると、スマイリーさんもありえるのかな、と。


カーラの差し金とはいえ、どこかで妻を寝取られた恨みがましい気持ち。
ジムが抱く、恋人への気持ちに決着をつけさせてあげたい、という気持ち。

たとえジムがビルを殺そうと、殺さずとも、どっちにしろスマイリーさんには
関係がない話であって。

もし殺してくれたら、自分の思いも昇華できるというか。

映画の中で、ちょいちょい見え隠れする(結局は隠れていないけれど)
スマイリーさんの任務遂行に対する冷酷なまでの態度からすれば、
淡々とジムに事実を話し、あとはジムに結末を委ねる、と考えても。。。
どうでしょうねぇ。どうだろうなぁ。まぁ、考えすぎとは思いますが。


そして、サーカスへ戻ってくるスマイリーさん。

廊下の端からギラムさんが歩いてきて
d0075206_22402385.jpg

2人は声をかけあうでも、握手をするでもなく。

スマイリーさんは、幹部の集まる会議室へ。
ギラムさんは、そのまま廊下を直進するも・・・
d0075206_22403353.jpg

敬愛するスマイリーさんが現場に戻ってきてくれて、喜びを隠せぬ様子。
ここの演技も好きだなぁ。。。

スマイリーさんの、ちょっと照れたような笑いを浮かべたような、浮かべてないような
そんな表情も好き。オールドマン氏の演技は、時に解釈が色々とできるようなところが
あるように感じました。


そして、スマイリーさんはサーカスのトップが座る席へ。
d0075206_22404826.jpg

ここも。このときの微かな表情もいいですなぁ。
今までのことを思いだしているような。

そして、最後のグっと引き締まった顔。
d0075206_224535100.jpg

まだKGBとの戦いは続いており、次はカーラがどんな手を使ってくるのか?
どう迎え撃つのか、果たして、こちらからどう仕掛けていくのか。


カーラの顔は最後まで明かされることなく、アップで映ったのは手だけ。
スマイリーさんの奥さんも、結局顔は出なかったな。
果たして、スマイリーさんがライターを取り戻す日は来るのでしょうか。。。
(いや、ライターを取り戻すのが目的ではないから、それはないだろうけど。)


もしかして、スマイリーさんを現場に引きずり出したくて、カーラは色々と作戦を
練ったのではないか?とも。

以下、壮大な妄想です。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ ———— ◇ —— ◇ —— ◇ ——


冒頭にでてきたシーン。
偽の情報を掴まされたとは知らぬコントロールによって、ハンガリー行きを命じられた
ジム・プリドー。

喫茶店のテラス席で現地のエージェントと落ち合ったジム。
その喫茶店内部から、ジムの姿を見つめるカーラ。

部下に任せれば、わざわざロシアから出向く必要はないはずなのに。
この作戦で、まずコントロールの失墜はまぬがれないだろう、というワクワク?と。
そうすれば、片腕であるスマイリーさんがトップに昇格するだろうから、これで長年の
夢だったスマイリーと俺の一騎打ちだ!みたいな??

でも、コントロールがスマイリーさんを巻き込んで辞任しちゃったもんだから、
もうカーラの落胆ぶりときたら!!

で、コントロールさんを病院で殺害し、スマイリーの現場復帰を画策。。。なんてね。

以上、壮大な妄想終了。


そんな訳で、長々と書いてまいりましたが、これほど長々と書きたくなるほど
魅力満載の映画でございました。


最後に。

Youtubeで、いくつか見つけたギラムさん、否、カンバーバッチ氏の映像。
自分の備忘録代わりに貼っておきます。







d0075206_113743.jpg



長い長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。
[PR]



by yui_usakame | 2014-06-28 01:02 | ―『裏切りのサーカス』

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。