カメがウサギにドンブリ勝負

タグ:四草兄さん ( 15 ) タグの人気記事




『ちりとてちん』 最終回に注目すべきは

『ちりとてちん』のホームページを見ていたら。

制作統括 遠藤理史氏より、メッセージが。


>最終回、ぜひタイトルバックの最初から見てください!
>放送開始2秒後から、最終回だけのスペシャルな仕掛けがありますから!

おお~。これは、楽しみ。
なんだろうな、なんだろな。


でも、実はタイトルバックは毎回楽しみで。

音楽も、映像も素敵だし。(CD買おうかな。)


そして、今日は誰が出演するのかを確認するためにも
タイトルバックは欠かさずチェック!!


出演者が少なかったりすると、加藤虎ノ介さんの名前も
一人でバーーーンと画面にでて。

ううう。良かったね、虎さん大きく名前がでてますよ。
なんて、朝から涙浮かべてるんです(うそ)


たとえ遺影での登場だって、ちゃーーんと名前が
出るあたり。

すごく出演者に対して、細かくフォローしている『ちりとてちん』。

あと2日で終了かぁ。。。さみしいな。。。
[PR]



by yui_usakame | 2008-03-27 22:18 | -『ちりとてちん』 | Comments(2)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part6

「『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後」シリーズ。

いよいよ最終回。


視聴者からの質問に答える、加藤虎ノ介さん。


【好きな女性のタイプは?】

「・ ・ ・ 自立した方ですね」


「自立した方?」とアナウンサーに言われ。


「精神的にも」

「経済的にも」

妖艶な(?!)笑みを浮かべる加藤さん。

こちらも、にやり。
何だか、四草兄さんっぽい答えだなー。
ふふふ。



【1番得意な歌は?】

「歌?歌ですか?!」 悩む加藤さん。


そこへ客席から小草若ちゃんが、小声で「あい!」「あい!」


「!!」←加藤さん、何かを思い出した感じで歌い始めました。

♪あい ふるえる あい~♪


「今の曲は?」と聞かれ、「・ ・ ・ ・ ・ アニメの歌です」


曲名が出てこなかったのか。
はたまた、NHKで他局の番組名を言ってはいけないと
思ったのか。

それは不明ですが。3秒ぐらい、考えてました。


「あい」って、てっきり「愛」だと思ったのですが。
調べてみると、「映画版 機動戦士ガンダム」の
『哀 戦士』という曲、、、なのかなー???


唄い終わった加藤さん。
「ありがとー」と小声で小草若ちゃんへ
お礼を。
「どんまい!」さわやか?に答える小草若ちゃん。
やはり、この2人は良いコンビですなぁ。



【自分が一番かっこいいと思う瞬間は?】

「かっこいいと思う」 「瞬間?」

またも戸惑いの表情を見せる加藤さん。


「今!」「今!!」「今、このとき!」と、客席(兄弟子たち)から
声が飛びます。

「!!」←そういえば、いいのか!と嬉しそうな顔になり、

「今です」 「今、このときです」「今、この瞬間が」

くくく。捻りなしっ。ストレー――トに指示どおり答えましたな。


「フロアディレクタ―のカンペを読んでるみたいな
 受け答えですねぇ」とアナウンサーに笑われ。

「駄目ですよ~、(兄弟子に)頼っちゃ~」と笑われ。


「彼らが居ないと、だめですね」と照れた顔をして、
本心(??)を語る加藤さん。


さぁ、皆さんご一緒に!


かわぃぃぃぃいいいいいいいい~♪ ←あほ



【自分を動物に例えると?】

これは、即答。

「これは、よう言われましたね。野良猫、と」


「生活のスタイルが、そうなんでしょうね。

 ふらふら 気まぐれに寄ってきて。
 貰うもんもらったら、いなくなったりとか。。。」


「そんな感じですか?」とアナウンサーに聞かれる
小草若ちゃん。

笑顔で、「はぃぃ~」

横にいた草原兄さんからは、
「雨に打たれた野良猫って感じ」
というコメントが。



【虎ノ介さんが付き合うとしたら、A子?B子?】

『ちりとてちん』をご覧になってない方には、
分かりづらいか。

A子は、主人公の幼馴染。
運動も勉強も、なんでもできちゃう皆のアイドル。

B子は、主人公。
A子と同姓同名だったため、区別するために
B子と呼ばれる。
おっちょこちょいで、妄想好き。


四草兄さんチックな笑いを浮かべつつ、

「やっぱり両方とも付き合いたいですねー」

とか言いつつ、そのすぐあとに

「どっちもストレス溜まりそうですね、付き合ったら」

おいおい!

「A子はA子でプレッシャー感じるし。
B子はB子でイライラするし、、、ねぇ」

ねぇ、って。

とどめの一言は、「あいだの人!」

そない嬉しそうに言わんでも~。うぷぷ。


*********************************************


もう、目の離せない約50分でありました。
涙あり、笑いあり。
まるで『ちりとてちん』のようだ。。。


『ちりとてちん』の共演者の方々。
特に男性陣は本当に仲が良かったようで。

一緒にご飯食べに言ったり、旅行へ行ったり。


お父さん役の松重豊さんも、息子役の橋本淳と
二人で温泉へ行ったりしたらしい。
詳しくは、松重さんのブログ2月20日をご参照くだされ。


松重さん、桂さん、茂山さんのブログからも仲の良い
雰囲気が伝わってきて。
本当に素晴らしいキャスティングだったんだなぁ、と。

まさか脚本家やプロデューサー、スタッフの方々も
ここまで皆が団結するとは思っていなかったのでは??

その皆さんの熱意が、愉しんでいる雰囲気が、もちろん苦労も色々と
あったとは思いますが、その様子が、画面を通して
視聴者である私にも伝わって。

ふだんドラマについて語ることのない私が、これほどに
『ちりとてちん』について、熱弁(狂弁?)をふるってしまうので
ありましょう。。。



放映終了後の、『スタジオパークから こんにちは』には、
こんな注意書きが。

>※番組中に徒然亭の皆さんが着用していたTシャツは非売品です。
>現在のところ販売の予定はありません。ご了承ください。


兄弟子の皆さんは、徒然亭の家紋が入ったTシャツを着て
スタジオへいらしたのです。


魚屋食堂の店主が着ているTシャツにも注目が集まるぐらいだから。
この3人が着ていたら、そりゃあ欲しがる人もいますよねぇ!たぶん。



という訳で。


とりとめもなく、Part6まで進んでしまいました。


ここまで、お付き合いくださった方。
本当にお疲れ様でした。


ここまで読むってことは、、、相当な『ちりとてちん』ファン!
『ちりとてちん』ファンに認定!!

3月の放送終了まで、あと何回『ちりとてちん』のことを
書けるかなぁ。。。


あと何本、私が『ちりとてちん』について書くか。
きつねうどん、賭けますか?
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-29 14:51 | -『ちりとてちん』 | Comments(4)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part5

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後から
シリーズでお届けしております。その第五弾!


『ちりとてちん』脚本家・ 藤本さんからのお手紙に、
男泣きの加藤虎ノ介さん。

「目から、よ、よだれが・ ・ ・ 」などと言って
なんとか立ち直ろうとしていらっしゃいました。

誰か、ハンカチ貸してあげてぇーーー。


すると、アナウンサーが。
「さきほど、兄弟弟子役の3名から1分間の
 メッセージをいただきましたが。

 それでは、物足りないと言うことで、もう1つ
 コメントを戴いているんです」


VTRスタート。

でも、たぶん。

それがVTRでないことは、加藤さん以外、全国の人が
すでに気づいていたのではないかと。。。


草原兄さん役の桂吉弥さん。
草々兄さん役の青木崇高さん。
小草若ちゃん役の茂山宗彦さん。

3人が画面に映り、口々に喋っています。

「いやぁ、、、感動しましたね」
「感動しましたねぇ」
「もう、スタジオ行きますか!」
「うん、行きましょう!スタジオ行くから!」

「百数えて、待っててな」


スタジオの加藤さん、↓こんな感じ。
d0075206_1140544.gif


「百数えて」と言われたあたりから、でしょうか。
画面を覗き込むように、前傾姿勢を取り。

そして、「あ・ ・ ・ れ?」という顔をして、収録スタジオの
入り口付近に目を凝らします。


3人がスタジオへ乱入してくる姿を自分の目で確認。
のけぞる加藤さん。

泣かされちゃうわ、驚かされちゃうわで、
「もう、加藤さんボロボロ~」とアナウンサーに
言われてしまうのでありました。


3人がスタジオへ来ることは、本人には極秘だったようで。
本当に加藤さん驚かれてましたねぇ。
いやぁ、、、本当に騙し甲斐がある方というか。うぷぷ。


収録当日の朝。

加藤さんは、いつものとおりの“鳥の巣(寝癖)あたま”で
NHKにご到着。

しかも、指定された入口とは違う入口に登場。

丁度、加藤さんが入ろうとしていた入口から
入ろうとしていた3兄弟。(ややこしい文章やな)

慌てて隠れたそうで。

そこで会ってても、加藤さんは本番まで気づかなさそうな気も
しちゃうんですが。さすがに、それはないかな~。ははは。



加藤さんが、脚本家・ 藤本さんの手紙で
感涙していた頃。

一番弟子役の桂吉弥さん。
楽屋でコーヒーこぼしてしまったそうで。
「えぇ話聞いてんのに、“あぁ~!!”って
 やってました」と。

一番弟子なのに、緊張しいで、肝心のオチで
いつも噛んでしまう役。
そんな、ほほえましい(!?)役どころに
ピッタリな吉弥さま。。。


ドラマでも、割烹着姿や、トナカイのかぶりもの。
よ~、似合ってましてん。


閑話休題。


コーヒーこぼしつつ、皆で
「出にくいな~。藤本さんの手紙の後で~」
などと、楽屋で話していたとか。

当日の楽屋での話などを、茂山宗彦さんが
ブログで書かれているので。
よろしければ、こちらもお読みくださいませ。

泣きましたよ、あたしゃ。


閑話休題。


なんとか驚きから立ち直り、趣味であるバイクの
話をする加藤さん。

喋ってるんですけど。
ちゃんと喋ってるんですけど、なんか落ち着かない
感じがして笑ってしまった。。。


少し動揺から立ち直る時間を与えるため(??)、
「本職の落語家さんから見て、加藤さんの落語は
どうでしたか?」と桂吉弥さんに質問をふるアナウンサー。

「(実際の)落語会で勉強したり。すごい熱心に。
落語も(ドラマの中で)全部やるわけじゃないんですけど、
 一部分をドラマの中でやって、表現しないといけない。
 
 それで、凄い悩んでましたね彼は。
 四草の落語と言うものを、この15秒とか20秒の落語で
 出さないといけないから。どうしましょう、と相談されたり」


そうかー。そうかー。
落語を覚えるだけじゃなくて、そこまで考えないと
いかんのよのぅ。

演技って、奥が深いのぅ。。。


「ニュース解説の後は、加藤さんに質問に
 答えていただきます」と告げるアナウンサー。

「じゃあ、僕たち3人は客席から質問します」と答える
吉弥さん。

思わず吉弥さんの腕にすがる、加藤さん。
「ここに居て」

きやぁぁっぁあ~。かわいぃぃ~♪

「ここに居て、って!赤ん坊か、オマエは!」と
吉弥さんから鋭いツッコミを入れられてました。


ここで7分ほど、ニュース解説が入りまして。
古墳がどーの、って話しだったんですが。

いやぁ。。。今回ほどニュース解説の時間が長く長く
感じられたことはございません。
あ!糸子さん役・ 和久井映見さんが出演されたときも
長く長く感じたなぁ。。。


さて、ニュース解説が終了。


「メッセージと質問が多くて、サーバーが故障して
 しまいました」とのこと。

な、ぬー!
私のメッセージも、届かなかったのかも。。。がっくし。
まぁ、たいしたこと書いてないんだが。。。

すごい人気ですなぁ。。。

で、視聴者の皆さんからの質問タイム。


~ つづく ~
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-29 14:07 | -『ちりとてちん』 | Comments(0)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part4

NHK『スタジオパークから こんにちは 』にて。

加藤虎ノ介さんへ、脚本家・ 藤本有紀さんから
お手紙が。。。


前略 虎ノ介君

8ヶ月間お疲れ様でした。

徒然亭四草という、ややこしい男をこんなにも
魅力的に演じてくれて、どうもありがとう。


よく四草は「“当て書き”でしょう」と言われますが、
そうではありません。

ただ、誰かれなく気軽に任せるわけにはいかない、
とても難しい役なので虎ノ介君に演じてもらえたらいいな、
と当初から思っていました。


キャストが決まってからは、どんなに難しいセリフでも
立ち位置でも安心して四草に振ることができました。

すっかり虎ノ介君の力量を当てにして書いた、という意味では
確かに“当て書き”だったかもしれません。


シリアスなシーンでも、コミカルなシーンでも、カメラの真ん中でも、
端っこでも、いつでも的確に脚本の意図を理解して
出すぎず、引きすぎず。

可愛くて、カッコイイ、ニヒルボケの四草を作り上げてくれました。


ずっと見てきた虎ノ介君が、これまで地道に塗り重ねてきたことが
綺麗な模様になって出てくる瞬間を間近で見ることができ
本当に嬉しく思っています。

これからも、お体と“寝癖”に気をつけて。
『ちりとてちん』での多くの出会いを大切にして、息の長い俳優に
なってください。


今までも、これからも一番のファンとして応援しています。

草々




加藤さん、完全に男泣きされてました。

番組を見ている私も、「あぁ、選ばれた重圧と戦いつつ、
頑張って撮影してきたんだなぁ、、、
脚本家の方に認められる仕事ができて、本当に本当に
良かったねぇ・ ・ ・ 」と。

思わず、もらい泣き。


加藤さんの仕事に対する考え方は、俳優業だから
というだけでなく。
私自身は、働くことに対する心構えのようなものを
教わった気がします。。。

嗚呼。哀しいかな。
脚本家の藤本さんの素晴らしい文章のあとでは、
何を書いても陳腐に見える~(泣)



さて。藤本さんの手紙の中に出てきた言葉を
少し補足させていただくと。


“当て書き”とは、「先に役者を決めてから、その役者を
イメージしながら台本を書くこと」だそうです。。。



また、最後の「寝癖に気をつけて」という部分。

加藤さんの寝癖は、そりゃーもー激しいらしく。
「どうやって寝たんだ?」と不思議がられるぐらいとか。
「鳥の巣みたいだ」という声もあるとか、ないとか。

で、その「鳥の巣あたま」を修正することなく、電車に乗って
現場入りをする、、、らしい。

理由は「メイクするから」。


ごもっともです。

でもって、その「鳥の巣あたま」を見てみたい、という
ファンも大勢いるはず。。。


~ つづく ~
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-27 11:30 | -『ちりとてちん』 | Comments(8)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part3

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part1
『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part2

そして、今回はPart3でございます。
一体、何部作になるのでしょうか。。。


なお、できるだけ ご本人が発言されたとおりに
再現しております。
読み言葉としては不自然な部分もあるかもしれませんが(!)
加藤さんが、じっくり考えながら紡がれた言葉。
ニュアンスも含めてお楽しみくださいませ。。。



*************************************

【小学校一年生で人生の転機】

加藤虎ノ介さん。

大病を患い、小学校一年のときに長期入院を
されていたそうです。

何か悪さをしたらしく、(ご本人は「性格が粗暴だったんでしょうねぇ」)
数ヶ月入院していた病院から「お引取りください」と言われてしまい、
その後は自宅療養。


「その一年間は、加藤さんにとって大きかったですか?」と
アナウンサーに聞かれ。


「病種は違うけれど、亡くなっていく人もいたので
 同い年くらいで。

 ある日、突然居なくなっている、という。友達が。

 そうゆうのは、なんとなく、まぁ頭で分かっていなくても
 感じますよね。
 そうゆうのを見たりとか。


 入院中はずっと、立つことも駄目だし。
 食事は全部味がないんですよ。

 (薄味、という訳でなく)味が全くないんです。
 子供のときは、かなり辛いですよね。


 結果、病院から出たときに自分の足が何で
 付いているのかも、歩くためにあるのだ、とか。

 そうゆうのが、すごく、歩けるありがたさとか、
 味がついている食事のありがたさとか。
 
 そうゆうのは、すごく感じられました。


 (小学校の)6年間ほぼ運動も出来ない。
 周りと完全についていってない自分というのも
 辛い部分もあったし。

 そうゆうのは、すごく、やっぱり感じましたね」



「色々、回り道はされたけれど最終的には
 好きな道(俳優)に到達されている、、、と」
アナウンサーに言われると、

「ありがたいことやと思います」



「『ちりとてちん』というドラマとの出会いはどうですか?」


「もう本当に、、、うーん、、、プレッシャーですね。

 単純に役をいただいた嬉しさ以上に、まず自分、やっぱ無名やったんで
 そうゆう人間をまず選んでくれた方々に対して、その方々がやっぱり
 虎ノ介を選んで、あのぉ後悔されたら、やっぱりすごく自分も
 どうしようもないし。

 もしちょっとでも、なんか自分がしくじったりすると
 すごく顔に泥を塗るという形にもなるから。


 だから一般の視聴者の方々、僕ほとんどテレビ見ないので
 よく分からないんですけど、まぁ、一般の視聴者の方々の
 感想以前に、やっぱり自分を選んでいただいた方々の思いに
 対して、どこまで自分が誠実にやりきれるか、というので
 すごく恐かったですね」


「その加藤さんを選んだ方々のお一人でしょうか。。。
 脚本家の藤本有紀さんから、お手紙を頂戴しております」
と言われ、恐縮する加藤さん。。。


~ つづく ~
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-27 11:19 | -『ちりとてちん』 | Comments(0)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後Part2

四草兄さん役の加藤虎ノ介さんが、NHKの番組
『スタジオパークから こんにちは』に出演された
ときの話の続きです。。。

(Part1は、こちらでございます)


話は、加藤さんの“仕事の変遷”について。

加藤さんが演じた四草の仕事の変遷が、
エリート商社マン ⇒ 落語家 ⇒中国料理店員
⇒落語家
 という、フクザツさ?に対し。

加藤さんは、、、「フリーター俳優 ⇒ 俳優

「フリーター俳優」の「俳優」の部分だけ、
ご自分の手で隠して笑ってらっしゃいました。

(このとき、髪の後ろ側がちょいと寝癖っぽく
 跳ねていた気がしたのは、私だけ??)



1995年、大学在学中に劇団へ。

「意外と負けず嫌いやったんで、ここの連中には
負けたくない、みたいな。
なんか、そうゆうのがでてきて」

「色々ちょっと悔しいこととか、いっぱいあったので
自分の中で満足できるような状況になるまでは
続けようと思って」

大学を中退し、俳優の道へ。


数々のアルバイトをしつつ、劇団を続けていたそうで。

「アルバイト、いっっぱいしましたね」


百貨店の従業員
(一体、何を販売していたのだろうか??)

運送関係全般
(全般?!)

飲食関係
(お~。役と同じく、中華料理店でも働いたのかしらん??)

大きなビルのブレーカーのメンテナンス&掃除


などなど。


「当時のアルバイト先の方は、今の加藤さんの活躍を
ご覧になってどうでしょうねー」といったようなことを聞かれ。


「1月の収録中に、当時のバイトの上司から電話があって・・ ・ 」

一人芝居に入る、加藤さん。


元・上司(以下、「元」)   「オレだけど、覚えてる?」

加藤さん(以下、「虎」)  「覚えてますよー」


元 「あのさー、明日 現場入って欲しいんだけど」

虎 「明日ッすか! 明日はちょっと無理ッすねぇ」

元 「え?なんで?」

虎 「いや、ちょっとあのぉ、大阪なんで」

元 「そうなんだぁ。何のバイトやってるの?」

虎 「いや、、、あの、、、エヌエチケー、、、ですか」

元 「ああ!NHKのバイトなんだ!」
   「いつから、体空く?」

虎 「3月には終わっているかと思うんですけど、、、」

元 「じゃあさ、3月から入ってくんないかな」


元・上司の方は、『ちりとてちん』での加藤さんの活躍を
全くご存じなかったようで。。。


「え!まさか、3月からバイトを?!」とアナウンサーに
冗談交じりに聞かれ、「いやいや、、、」と笑いながら
首を振る加藤さん。


はてさて。

その方が、加藤さんの活躍に気が付くのは
いつの日でありましょうか?!


~ 加藤さんの話、つづく ~
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-26 23:15 | -『ちりとてちん』 | Comments(0)

『ちりとてちん』 お詫び

・ ・ ・ 。なんか、気になる。。。

ふと、自分のブログ内を検索してみた。

d0075206_22505393.gif















やっぱり。。。
やっぱり、というのも変な話ですが。


加藤虎ノ介さんの名前を。。。


何回も間違えていた。。。


「虎之介」とか。

「虎ノ助」とか。
助さん、格さんかい!!


きっと、「うわっ!間違えてるっ!!」と内心思いつつ
黙って見過ごしてくださった、加藤さんファンの皆様。
(いや、ご覧になってない可能性大ですが)

そして、ご本人様。
(絶対、ご覧になってないって。)


申し訳ありませんでしたーーー。。。


以後、気をつけます。
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-26 23:01 | -『ちりとてちん』 | Comments(0)

『ちりとてちん』 朝からそわそわ、の、その後

昨日の昼。

NHK『スタジオパークから こんにちは』に
四草兄さん役の加藤虎ノ介さんが単独出演。

というところまで、こちらで書かせていただきました。

一体、どんな内容だったのか?!

見逃してしまった方々のためにも、今日は
何回も録画を見直してセリフをチェック!
いたしました。

(実は、自分が何回も見たかっただけ、
 という噂もありますが。。。)


**********************************************


「賭けましょか。
 僕が勝ったら、きつねうどんですよ」

という四草兄さんのセリフで、生放送開始。


緊張されている表情が映り、「大丈夫かしら~」などと
訳の分からん心配をする私。
きっと四草兄さん、ならびに加藤さんファン全員が
そう思ったのではないでしょうか。


今までのトーク番組での加藤さんを拝見していると。

『ちりとてちん』でのクールな演技と違い、どうも素顔は
とても真面目な方のような気が。。。
とても算段なんぞ出来そうにない感じが。。。



加藤さん、『ちりとてちん』以前はご自分のサインを
考えておられなかったそうで。

ただ普通に、名前を書いておられたらしい。

いざ、サインを考え始めたら『ちりとてちん』の共演者が
あーでもない、こーでもない、と。

結局は兄弟子の草原兄さん(桂吉弥さん)に
「全部丸投げで」して、完成したそうな。


サインを考え中の加藤さんは、主人公の父親役である
松重豊さんのブログにてご覧いただけます。
生放送でも、この「考え中」の写真が出ておりましたー。


完成した加藤さんのサインは、桂吉弥さんのブログ
2007年12月31日分にてご覧になれますー。



『ちりとてちん』の撮影が終了した感想を求められ、
「やっと眠れる」と。

「眠れなかったんですか?」という問いに、
「すごいプレッシャーとか、緊張」。


文字で書くと、言葉が唐突に終わってますが。
実際の放送では、なんて言うか、、、まぁ、最後まで
言葉は仰ってなかったけれど、決して語尾がきつい訳では
なく。

すみません、うちの子 緊張してたんで(涙)

(誰が、「うちの子」??四草兄さんファンから『黙れブス』って
 言われそうや。。。いやいや、独り言です。妄想です)



次に、ドラマで競演した兄弟子3人組から激励のメッセージ
ビデオが流れまして。

制限時間1分だったため、小草若ちゃんが喋ってる途中で
プツっとビデオが切れて、画像は再びスタジオへ。

「ぶち切れですね」と笑う加藤さん。

しかし。。。

笑っていられたのは、ここまでであった。


ふふふ。。。


~ つづく ~
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-26 21:43 | -『ちりとてちん』 | Comments(0)

『ちりとてちん』 朝から、そわそわ


そわそわ。

そわそわそわ。


落ち着かん。朝から、落ち着かん。


今日の13:05~。

いよいよ、NHK『スタジオパークから こんにちは』
四草兄さん役の加藤虎ノ介さんが登場。

単独。

しかも、生放送。。。


だ、だいじょうぶだろうか。


私が見る加藤さんは、いつも小草若ちゃん(茂山宗彦さん)が
一緒に出演していて。

一生懸命に小草若ちゃんが喋って、横で普通に愉しんでいる
加藤さん、というイメージが。


大丈夫かな。。。


と思って、ついスタジオパークに応援メッセージなんぞ
うっかり送ってしまった。。。


さあ!皆様も、ここから応援メッセージを加藤さんに
送りませんか!!


で。


誰が採用されるか、賭けましょう!?
[PR]



by yui_usakame | 2008-02-25 12:09 | -『ちりとてちん』 | Comments(2)

『ちりとてちん』 ぐーぐる

ふと思い立ち。

グーグルで「四草兄さん」とだけ入力して、検索。


なんとー!!

2番目に我がブログが、ヒットするではないですか!

じ~ん。


検索で、自分のブログがヒットする。。。
こんなことが、あるんですねぇ。。。

皆様、ありがとうございます! ???



実は『ちりとてちん』については、色々と書きたいこと、
書きたい登場人物がてんこもりで。


『ちりとてちん』のホームページに書いてあることについても
書きたいことが山盛りで。


もちろん四草兄さんについても、昨年末から今年の動き(!?)を
書きたいし。。。


徒然亭弟子たちの座談会~年始編~を読んで
ちょっとジェラシー。

「四草、ものすごい人気なんですよね。」とか言われてて。


うわっ、やっぱりそうなんだ!って。
(やっぱり?!)

二度寝して座談会の収録に大遅刻してきたのも。

大遅刻したにも関わらず、お菓子を食べてて。
そのお菓子こぼしちゃったのも。

でもって、主人公役の貫地谷さんに

>今のこぼしたのも、ファンの人からみると
>「そういうところもかわいい~」ってなるんでしょうね。

なんて言われちゃって。


「寝起きって おでこかゆくないですか?」なんてのも。

確かに、可愛いですよ~~~(怒)

冷静に考えれば、あくまでも加藤虎ノ介さんの
行動、言動なのに。


なぜか、四草兄さんがそんなことをしているように
思えてしまう自分。


四草兄さんが人気、というのを見て何故か
「ライバルが大勢いるのね!!」って訳の分からん
ジェラシー燃やしてる自分。



貫地谷/結婚式のシーンは、本当にみなさんのあったかさに感動しました。

吉弥/僕らは、この撮影で役として初めてお会いした方が多かったんです。

加藤/四草にとっては、この人誰?っていう人多かった。

吉弥/「この頭の悪そうな連中、誰ですか?」って言うてたよな。

加藤/そんなん言うてませんよ!

青木/いや、言うてた(苦笑)。

加藤/……もういいんだ。何言われても(おでこをかく)。


そうだよ!言ってないよ~!!たぶん。
私の記憶が確かならば、言ってない。はず。

「この頭の悪そうな連中、誰ですか?」ってのは、
初めて主人公の家族が大阪にやってきたときに
四草兄さんが浴びせたセリフだー!と
四草兄さん、もとい、加藤さんを援護する私。



完全に、おかしい。
自分で断言できちゃうぐらい、おかしくなってる。


DVD化されたら、間違いなく購入しそう。。。
しかし、難問が。

ホームページによりますと、

>なおDVD化されるかどうか、そしてそれが「完全版」なのか
>「総集編」なのかはNHKだけの判断では決められないのです。

>NHKがDVDを出版するわけではないので、そのあたりは
>「販売会社さんがどのくらい売れると思うか」にかかっているわけです


いか~ん!それは、いか~ん!!

「総集編」だったら、『ちりとてちん』の(私にとっては)大切な
細かいシーンが削られてしまうではないですか~!!!


なんて。午前1時に書いてる私。


いかん、明日寝坊したらいかん!
早く寝ようっと。。。



あーーーーーーーーーーーーーーーーー。
今日も『ちりとてちん』で、饒舌ってしまった。。。
[PR]



by yui_usakame | 2008-01-07 01:08 | -『ちりとてちん』 | Comments(4)

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

コロコロ様 コメン..
by yui_usakame at 18:37
はじめまして 私も内覧..
by コロコロ at 20:23
masami様 は..
by yui_usakame at 08:31
はじめまして、こんばんは..
by masami at 20:53
さとう様 初めまし..
by yui_usakame at 22:33
初めまして。さとうと申し..
by さとう at 23:51
zebra様 コメ..
by yui_usakame at 22:41
たったいま観終わりました..
by zebra at 20:10
こんばんは。 観て良か..
by yui_usakame at 20:56
めぐり合わせのお弁当 観..
by Lift, weig at 18:45

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。