カメがウサギにドンブリ勝負

タグ:出光美術館 ( 3 ) タグの人気記事




美の祝典Ⅱ 出光美術館 ≪伴大納言絵巻≫中巻

気が付けば、会期も残り2日というギリギリのところで
見て参りました『美の祝典Ⅱ』展。

おそらく、これを見ておかないと気持ちが落ち着かないということで
まずは伴大納言絵巻の中巻へ。

正午過ぎに行ったのですが、一旦人が少なくなったところだったようで
並ばず ゆっくり、じっくりと見ることができました。
表情豊かで、建物や植物の描き方も丁寧(?!)だし、文字は読めないけれど
絵だけ見ていても楽しくて。しかも綺麗な文字。羨ましい。
(くずし字も読めたらいいなぁ、と思ってアプリをダウンロードしたものの
まだ1回しか触っていないという...)

この絵巻が書かれた当初は、さぞかし綺麗だったんだろうなぁ。
着物の柄や色も美しかったんだろうなぁ。羨ましい、実に羨ましい。
この絵巻が出来たてほやほやの時に楽しんだ人々がいたんだなぁ、羨ましい。


とは言え、ここまで大切に守られてきたんだから凄いことだなぁ。
この絵巻を作った人にも、教えてあげたいなぁ、後世の人たちも大勢見て
楽しんでいます、って。

と、相変わらずの妄想を繰り広げながら見ておりました。


≪ざっくりとした中巻のストーリー≫

応天門放火の濡れ衣をきせられていた源信は赦免され
事件は犯人不在のまま決着かと思われたが...
思わぬところから真犯人の名が世間に知られることとなる。

それは事件から数か月後のこと。
2人の子どもが喧嘩になり、そこへ片方の親が相手の子どもに容赦なく暴力を
加えるという事件が起きたことに端を発する。

これに怒った被害者側の父親は、自分が見たことを世間に言いふらす。
加害者側の雇い主である伴大納言が、実は真犯人である、と。
ここで中巻は終了。

この子どもが喧嘩するシーンは、異時同図法の表現として有名なんだそうで。
今回は忘れず、しっかりこの異時同図法の説明書きをメモってまいりました。


四コマ漫画のルーツ 異時同図法

子どもの喧嘩の場面には、水玉模様の子どもが2人、
同じ浅黄色の着物の子どもが3人、
同じ顔をした父親も2人います。
一体どうなっているのでしょうか。


私がミュージアムショップで購入してきた絵はがきでご説明しますと
d0075206_13282513.jpg


これは同一人物の動きを少しずつ時間をずらしながら、ひとつの画面に描くもので
異時同図法という絵巻独特の表現方法によっています。
今でいう四コマ漫画と同じようにシーンを分けてみれば

d0075206_13385480.jpg

起 : 子どもの喧嘩
承 : 飛び出す父親
転 : 父親は我が子を庇い、相手の子どもを蹴り倒す
結 : ぐずる子どもをなだめて連れ戻す母親
となっていることがお分かりいただけますか。
この父親は大納言に仕える男で出納の職にありました。

とりわけ、承と転が出納の家の前のわずかなスペースで展開されているため
後に重大な問題に繋がっていく出納の行為が、カッとなったほんの一瞬の
出来事であったことが伝わってきます


なるほど!
これを知らないでみると、同じ画面に似たような人が何人も??となってしまいますが
一瞬の出来事だからこそ、ほぼ1つのスペースに描きこまれているのですね。
よく考えたなぁ。
確かに、起きた順番に描いていったら、緊迫感は感じられないかもしれないなぁ。


たまたま足を止めた官人の従者たちも、一瞬の出来事に口をあんぐりあけて
取り巻くばかり。

一方で髪の毛一本一本にまで手を抜かない細かい描写も見どころ。
出納の子どもの手に絡みつくむしりとられた髪の毛、
蹴られて風になびく舎人の子どもの髪の毛。

劇的な構図と細密な描写の中に絵師の力量が冴えわたる名場面です。


目を凝らして何度も見たものの、出納の子(浅黄色の着物の子)の手に握られている
という髪の毛が私には見えなくて。
単眼鏡欲しいなー、欲しいなー。

d0075206_1604539.jpg

言い訳しますと、子どもの手の部分とヒビが重なってしまって、うん、
私にはハッキリ見えなかったんですよねぇ。残念。
でも、父親の陰に隠れ憎らしい表情をしている子どもの表情は、ハッキリ分かりました。
に、にくたらしい。
それにしても、こんなに蹴らなくてもいいだろうに、ぐらいな勢いで蹴ってますね。
そりゃ、蹴られた側の親御さんが怒っても仕方ない。
今まで自分の見たことを黙ってきたけれど、我慢ならず皆に話しちゃいますよね。
d0075206_16493179.jpg

それを周りで見ている人々の描写も好きでした。

大きな箱を頭にのせ何かを運んでいる途中の人も
一回止まってしまったら動き出すのも大変そうなほど大きな大きな壺を背負った人も
思わず立ち止まって見てしまうほどの勢いと、驚くべき内容だったんだなぁ、と。

このシーンの前にある、源信の家族や女房たちの表情の描き方も素晴らしくて。
本当に、これを描いた人はどんな人だったのか。
後ろからでいいのでコッソリ見てみたい。他の作品はないのかしら。
この人、きっと人気あったと思うんだよなぁ(またも勝手な妄想)


と言う訳で、前回購入してなかったB5クリアファイルと絵はがきを。
d0075206_17301813.jpg

d0075206_17354267.jpg

d0075206_17355978.jpg


絵はがきは8枚入りセットと、セットには入ってないものを。
d0075206_17421530.jpg

伴大納言絵巻の絵はがきはバラ売りもございまして。
セットに入っている絵はがきは、販売ケースに小さなオレンジ色のシールが貼ってあるので
重複しない仕掛けに。ありがたや!

なのに、なぜか2枚重複してたことが帰宅して判明。
なんだろう、テンションあがりすぎてシール見落としたんだろうな。
さすが、私。

中巻の絵はがき2枚を同一人物部分で重ねると喧嘩のシーンから
言いふらしシーンが一枚に繋がります!
d0075206_1752350.jpg


セットに入ってない絵はがき。
私が購入したこの2枚は、セットに入っている絵はがきと違って上下に余白が
ありませんでした。
d0075206_17552078.jpg



と、絵巻だけでかなり書いてしまったので他の作品については
また別の機会に。







.
[PR]



by yui_usakame | 2016-06-12 18:00 | 美術展 | Comments(0)

『美の祝典Ⅰ』 出光美術館 

昨日、『美の祝典Ⅰ』の伴大納言絵巻について書きましたが。
もちろん、展示はそれだけではございませんで。

印象に残った作品を、つらつらと。

≪四季花木図屏風≫ こちらで見られます。 室町時代

私としては水の描き方が大好きな屏風。
驚いたのは、一枚一枚のつなぎ目の部分にも絵を描いているという。

背景の色と同じだったり、背景に金箔が貼ってあったら金箔を貼ったりということが
多いと思っていたので。
ちゃんと細かい部分まで描きこむこともあるんだなぁ、と感心して見ておりました。

そうだ、あともう一つ驚いたんでした。

この絵には竹が描かれているんですが、解説を読んでいたところ
やまと絵では竹が描かれることは少ない、と。
竹って、日本画にとっては当たり前に描かれるものと思っていた私は
思わず「え、そうなんだ」と呟いてしまったほど。


≪日月四季花鳥図屏風≫ 室町時代

太陽が少し前へせり出しているように見えて、不思議だったのですが
図録を見たら金属板だそうで。なるほど、だからかー。
絵の具で描いているなら、相当な厚塗りしないといけないだろうなぁ、と
思っていたので。
それにしても、描かないで金属板を貼るって発想が面白い!!

こちらで、その太陽部分が見られます。

≪雪月花図≫ 冷泉為恭

江戸時代に描かれたというのに、なんという綺麗な。
約160年は経過しているというのに。
実は、現代の画家が描いたんですと言われたら、すんなり納得してしまうほど
綺麗な作品でした。

雪にかすむ景色の美しいこと。


そして、この絵から折り返すように順路が続くのですが。
この部屋と、隣の部屋(国宝・伴大納言絵巻が展示されている部屋)の間に
薄い布で仕切りがしてありまして。
その布の模様が、伴大納言絵巻の応天門炎上シーン。
炎が上がり、黒煙がもくもくと立ち込めているシーンなんです。
そして、その下には消火器。

どうでもいいところで、一人にんまりとしてしまいました。


≪絵因果経≫ 奈良時代

こちらのページの真ん中ぐらいに小さいけれど一部分だけ見られます。

下の動画で冒頭に映っているのが、絵因果経です。
長さは1506.1センチあるとか。



釈迦の生前における善行、現世における生涯などがかかれているそうです。
それにしても、絵が可愛らしくて。3頭身みたいにみえる部分とか。
まるで昔のゲームのような感じで、主人公が次々と難関を乗り越えていく
ロールプレイングゲームのように見えてしまいました。怒られそう。


≪山越阿弥陀図≫ 南北朝時代

はて、山越とは?と思いましたら。
解説に、山並みの向こうから阿弥陀が姿を現すタイプの来迎図を
山越阿弥陀図というのだ、と。

なるほど。

阿弥陀様自ら山を越えるとかではなく、もう山よりも大きく描かれて
おりました。


≪十王地獄図≫ 鎌倉時代末期~南北朝時代

インパクト大。
一幅が160.5×137.8センチの双幅。

十王というのは、冥界で死者を裁く王たちのことらしいです。
1人1人の前には筆記用具が置いてあるのですが、多くて二行、たまに
何も書いてなかったりして。
なんだか聞き取りもそこそこに、もう問答無用に裁かれてそうな感じすらします。

子ども時代に見たら、相当怖がっただろうなぁ。


≪理趣経種子曼荼羅≫ 勝覚 保安3年(1122)

双鳳凰丸瓜唐草文を雲母刷りしてある上に梵字が書かれているのですが
その模様が美しいのと。
よく墨がのったなぁ、と。模様のところで筆がひっかかってしまいそうに
見えるのですが。


≪四季草花図屏風≫ 江戸時代

この屏風を見ていた見知らぬ女性が「イングリッシュガーデン的な!」と
仰っているのが聞こえまして。
うん、なるほど。
バラこそないものの、仰る意味十分分かります、と勝手に同意。

図録に、”伊年”印のある≪四季草花図屏風≫は多数現存していて
特に山種美術館の所蔵品が優品である、と書いてあって。
潔く他の美術館の所蔵品を褒めつつ、

>個々の草花の描写は的確で、宗達次世代における草花図の醍醐味を
>十分に伝える作品になっている

と、うちの子の良さもアピールしているところ。好きです。
というか、この作品好きです。

とまぁ、つらつら感想を書いてまいりましたが。
出品リストにないものも展示されていたり、小さな銅鏡とか、瓦経とか。

見応えのある展覧会でした。
Ⅱ、Ⅲも愉しみです。







.
[PR]



by yui_usakame | 2016-05-05 18:27 | 美術展 | Comments(0)

『美の祝典Ⅰ』 出光美術館 ≪国宝 伴大納言絵巻≫

国宝10年ぶりの公開。
しかも、四大絵巻の1つ。

そうと知ったら、これは見ておきたいという思いが
ふつふつと。

昨日、初めて出光美術館へと足を運びました。

出光美術館 開館50周年記念ということで、美の祝典が
3つのテーマで繰り広げられるようです。

Ⅰ.やまと絵の四季    4/9(土)~
Ⅱ.水墨の壮美      5/13(金)~
Ⅲ.江戸絵画の華やぎ  6/17(金)~

各期ごとに、すべて展示作品が入れ替わるという。
なんとも贅沢で、かつ、見逃さないようカレンダーに書いておかないと。



さて、国宝・伴大納言絵巻の混雑ぶりが大変気になるところ。
でも、あの若冲展の混雑を経験した今、あれ以上の混雑はないだろう。
いや、鳥獣戯画の方がすごかったかな。ぶつぶつ。
過ぎてしまえば、並んだこと、混雑したことなど忘れてしまうのでありました。


私が到着した10:30頃は、待機することなく見られましたが
1時間ほど館内を見てから戻ると、待機列ができておりました。
といっても、30人ほどでしょうか。



この絵巻は、貞観8年(866)に応天門が炎上した事件を題材にしているそうで。
いわゆる、応天門の変。
ただし、史実に基づくというよりは人々が「本当は、こうなんじゃないか」と思っている
内容を盛り込んでいるそうです。

≪ざっくりとしたストーリー≫

とある夜、応天門が炎上。
検非違使たちも駆けつけるものの、打つ手がないほどに燃えている応天門。

伴善男(とものよしお)という人物が「犯人は、左大臣の源信(みなもとのまこと)です!」
と朝廷に報告。

それを信じた天皇は、即刻、源氏に処罰を決定。
それを聞いた太政大臣・藤原良房が、天皇に「もう少し調べてからにしては」と
進言するところで上巻は終了。


≪ぐーたらな感想≫

思っていた以上に綺麗な状態で、一人一人の表情の違い、
恐がって前に進むのを嫌がって全力で踏ん張っている馬、
馬の鞍の部分にも細かい模様が書きこまれていたり、
燃え盛る炎の描写の美しいこと!
細かい髪の毛の描写、着物の模様の違いなどなど見ることができました。


詳しい説明パネルがあるとツイッターに投稿があった通り
登場人物の紹介パネル、絵巻全体の説明パネル、今期展示されている上巻の
場面ごとの説明パネルと盛りだくさんでした。


あとで図録と、絵巻だけの冊子を購入する予定だったので
説明が載っているだろうとメモしてこなかったのですが、一部載っていないようで。

一番メモしておきたかったのは、上巻の最後に登場する”謎の男”の部分。
その正体について、確か仮説が1~3まで説明されていたような。
次回の展示は中巻なので、中巻の説明パネルに変更されているだろうし。
書いておかなかったのが誠に残念。

d0075206_1712562.jpg

図録には、伴大納言絵巻全ての場面の拡大図は掲載されておりませんでした。

d0075206_1714853.jpg

冊子の大きさは、ほぼA4サイズ。裏面には検非違使たちのシーンが。
私は、この白丸をつけた方が好みでありました。

冊子には、拡大図は1枚だけ。
絵巻についての説明、登場人物の説明、全巻の写真、場面ごとの説明が。
もうすこ~し大きい絵が載っていたらと思うものの、値段が500円ですし。
贅沢は言っちゃいけませんよね。

そうだ、そうだ。
大きいのが見たかったら、複製を購入すればいいのだ。
d0075206_17225621.jpg

ミュージアムショップにも展示されておりました、完全復刻版。
会津桐箱三巻入り、印籠仕上げ、タトウ入り、とのこと。

税別365,000円。
宝くじ、買おう。

原寸大だけでなく、小さいサイズでも作られているようなのですが、
値段をメモし忘れました。

同じ会社で源氏物語絵巻の完全復刻も作られているようです。


絵巻について検索していたら、
国宝伴大納言絵巻の蛍光X線分析という文章(PDF)が面白かったので
宜しければ、ご一読くださいませ。

この文章によりますと、私が感激した炎のシーンは

>日本の絵画史の中でも特に優れた炎の表現として知られているのが、
>応天門炎上を描いたこの場面

素人にも伝わる、その凄さ。
なんとも表現しようがないのですが、本当に炎なんです。
炎の形が、いかにも燃え盛っている感じで。ああ、語彙が足りない。

冊子には

>日本絵画における三大火炎表現のひとつと評される。

うむ。三大○○には、色んなものがあるんですなぁ。


あと、視線の誘導が面白いな、と。
最初は、左方向に向かって走っていく検非違使や庶民たち。
こちらは風下で煙が充満している感じ。

次が、燃え上がる応天門。

そして次は風上から、それを見ている人たち。
燃える応天門を中心として、左右対称に高貴な人たちと庶民が配置されていて。

d0075206_21504371.jpg

ものすごい縮尺を無視した大雑把な配置図です。
しかも、絵巻と同じ方向に配置すればよかった。とほほ。


門が燃えているのに、風上にいる官人たちは身の安全が確保されているせいか
庶民たちよりは、のほほんと見ている感じ。

そして、その光景を遠くから見ている感じの”謎の男①”。
後ろ向きで、まったく顔が分からないため、誰だか不明という。

次の場面では、ちょっと寛ぎすぎじゃない??って感じの天皇と、
進言にきた藤原良房。御簾の外には、二人の会話を盗み聞きしてるかのような
これまた”謎の男②”。

現在、①は伴大納言ではないかという説が有力だそうですが。
②の人と、着物の模様が似ているんですよね。
でも、①の謎の男のシーンの次には、本来別のシーンがあったのではないか?
とのこと。
詳しくは、先ほどご紹介したエックス線分析の文章をお読みくださいませ。


なぜ、そこだけ欠落してしまったのかというのも不思議ですが。
一体、どんなシーンだったのか。
いつか謎の男の正体を特定する動かぬ証拠(?!)が出てくるのか。
なんだか、勝手にわくわくします。


今回は、絵葉書を一枚も購入しなかったのですが。
次回は購入してこようと思います。

13×24センチのクリアファイル
d0075206_22323163.jpg

d0075206_22324654.jpg



そうだ、大事なことを書き忘れてました!!
d0075206_22404425.jpg

当日、窓口でチケットを購入したら優待割引券いただきました。
2017年3月26日まで、一般が500円割引になる割引券です。
これで、次回半額で見られる!!なんて、太っ腹。

ありがとうございます、ありがとうございます。
次回もあるのかしら。あるのかしら。と、取らぬ狸なのでありました。







.
[PR]



by yui_usakame | 2016-05-04 22:44 | 美術展 | Comments(0)

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

コロコロ様 コメン..
by yui_usakame at 18:37
はじめまして 私も内覧..
by コロコロ at 20:23
masami様 は..
by yui_usakame at 08:31
はじめまして、こんばんは..
by masami at 20:53
さとう様 初めまし..
by yui_usakame at 22:33
初めまして。さとうと申し..
by さとう at 23:51
zebra様 コメ..
by yui_usakame at 22:41
たったいま観終わりました..
by zebra at 20:10
こんばんは。 観て良か..
by yui_usakame at 20:56
めぐり合わせのお弁当 観..
by Lift, weig at 18:45

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。