カメがウサギにドンブリ勝負

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧




日本唯一のミステリー専門チャンネルで

いやぁ、時代劇専門チャンネルは薄々知っておりましたが
ミステリー専門チャンネルってあるんですねぇ。

その名もAXNミステリー
(私は加入してないんですが。。。Huluで見てるので。。。)


で、その専門チャンネルでドラマ『シャーロック』のシーズン2字幕版が
8月31日から放映されることもあり、インタビューなどが掲載されております。
同時にシーズン1も放映されるみたい。


その中にロケ地マップなるものを発見。


なんと、シーズン2で登場するアイリーン・アドラーの自宅まで。

分かりました、イギリスへ行きましたらロケ地巡りしますとも。
行ったら、の話ですけど。


インタビューは、製作総指揮&脚本&シャーロックの兄・マイクロフト役を
演じているマーク・ゲイティス氏。
※ ただし、「Q あなたが一番満足しているシーズン1の場面は?」という
部分で、めっさネタバレあります。
まだドラマを見たことがない方は、個人的には読まない方がいいかと。。。


インタビュー本文は、こちらです

シーズン2についてのインタビューは、こちら

シーズン1でのインタビューはゲイティス氏のみで。
以下の方々はシーズン2について語っておられます。
※ この中にもネタバレ的なものが含まれている可能性が
あるので、くどいようですがドラマを見ていない方はご注意を。




シャーロック役を演じているベネディクト・カンバーバッチ氏の
インタビューは、こちら


ジョン・ワトソン役のマーティン・フリーマン氏は、こちら


製作総指揮・脚本のスティーヴン・モファット氏は、こちらを


タイピングゲームもあるんだけれど、こちらもネタバレあります的なことが
書かれていて、もう地雷だらけなホームページを紹介するって、どうなのって感じですね。
はい、すみません。


まあ、そんなこんなで今日も『シャーロック』について羅列しましたが
しばらく、こんな感じかと。


書きたいことが山のようにあるのですが、何せ量が半端なくて。
頭の整理も、ブログの下書き準備も追いつかない、という。


シャーロックのように優秀なハードディスクがあれば。ぶつぶつ
[PR]



by yui_usakame | 2013-08-12 22:57 | -『シャーロック』

You Tubeからニコ動まで

またしても、BBCドラマ『シャーロック』について書くのですが、
ネタバレとかあると思います。

まだドラマを見てない方は、くれぐれもご注意くださいませ。。。




**********************************************


使わなくなったDVDレコーダーに録画したままの映像を
いかんせん整理しなくては、と思いまして

せっせと中身を見ては消去していたのですが

その中に6,7年ぐらい前に放映されたNHK『ためしてガッテン』を発見。

その冒頭、ものすごい映像が!!


とある一人の男性。

道行く人々を観察しては、「あの帽子をかぶった女性・・・」
「あちらを歩いている男性・・・」と指名すると

見事に皆さま「はい、肩こり持ちです」と答えるではないですか。

その男性は形成外科の先生で、何でも人の顔に表れる
しわ・たるみで、肩こりや頭痛もちの人が分かると。


まるでシャーロックみたい!ふがー!!

ドラマ『シャーロック』の記念すべき1作目”A Study in Pink”で
ジョンが「ネクタイや指を見れば職業が分かると?」と半信半疑にシャーロックに
訊ねるシーンがありまして
まさにそれじゃないですかーーー!と一人興奮。


ドラマの中での実際のセリフは、
You said you could identify a software designer
by his tie and an airline pilot by his left thumb?

と言ったそうです。


ソフトウェアデザイナーって、特徴あるネクタイをつけている、ってこと??


ま、そんなこんなで。


毎日あちこちで「bbc シャーロック」とか検索しているうちに
新しい世界に踏み込んでしまいました。

さすがにYou Tubeは知ってましたけど、そんなに使ったことがなくて。

それがですね、『シャーロック』のシーンを色々と使った動画がある、と。
んで、検索してみたら、ほほーなるほど。


"Hot'n Cold"という曲で作られたものが、BBC's SHERLOCK - "Hot 'n Cold"

まだ『シャーロック』をご覧になってない方は、ご注意ください。
本編みながら、笑っちゃうかもしれないので。

ニコニコ動画に、この作品の和訳がついたバージョンを発見。
こちらとなります。


それにしても、本当に良くできてるなぁ、って。

おお、この歌詞に、このシーンを持ってきますか!とか
最初は「?」と思ったんだけど、「ああ!そうゆう意味で!」とか
「これって、どこのシーンで使われてたんだっけな」とか
見どころが沢山ありまして。

何十回見たことか。。。


この動画を作った人は歌詞にあうよう、あっちこっち何度もドラマを
見たんだろうなぁ、、、と思うと、その手間と、情熱に感涙(それは大袈裟か)。


MAROON5の”Moves Like Jagger”という曲を使った作品が
Sherlock: Moves Like Jagger

ご本家のミュージックビデオ(って、言うのかな??)より、個人的には
シャーロックバージョンの方がハマってしまいました。

そして、こちらも和訳がついたバージョンをニコニコ動画で発見。
こちらとなります。

皆様のコメントが、また面白くて。ついつい、見ちゃうんですよね。

いやぁ、まさか自分がニコニコ動画に手を出すとは。。。??



アニメバージョンで一番好きな作品は、
【手描き動画】 SHERLOCK(BBC)いろいろ 【ネタバレ注意】

あのシーンのあとに、このシーンを!!とか
色使い、音楽とのマッチング、輪郭だけでも魅せるシーンとか
いやぁ、これ是非ご本人たちにも見て欲しいなぁ、、、などと勝手に
思ってみたり。


ジョンのキュートさ満載なものがご覧になりたい方には
こちらがおススメです! 
【SHERLOCK】いっぱい食べるジョンが好き


嗚呼、また長くなってるけど。最後に、もう1つだけ。
松浦亜弥さんの「ね~え?」を使った作品。

いや、もう、歌詞をお分かりの方は大体内容も見当が
つくかもしれませんが。。。
【SHERLOCK】探偵は構ってちゃん。【BBC】



はー。まだあるんですけどね、おススメ作品。

また、いずれ。。。

さーて、今日もどれを見ようかな、っと。
[PR]



by yui_usakame | 2013-08-11 22:13 | -『シャーロック』

えっ。マルーン5のボーカルの人って

ドラマ『シャーロック』から飛び火する形で、マルーン5の
”Moves Like Jagger”という曲に
いきあたりまして。


そこで、すごく久しぶりにマルーン5の姿を拝見。
といっても、この曲が発表されたのは2年ぐらい前だから
現在は、また違うかもしれないけど。。。


まず思ったのが、「この歌っている方・・・どなたでしたっけ?」と。

マイク持って歌ってるし、うん、ボーカルの人なんだろうな。
だよな。あれ。。。違うかな。。。

言い訳しますと、私が数年前に購入したときのCDジャケットの
写真でしか彼らの顔を知らなかったものですから。

It Won't Be Soon Before Long

Maroon 5 / Universal Int'l



ですから、”Moves Like Jagger”で上半身裸で、しかも刺青がビッシリの
姿をみたら、ね、誰だって驚きますわよね。

え?CDジャケットは背広着てるんだし、当時から刺青入ってたかも?

ふむふむ、確かに。


念のため(?)2009年6月にYou Tubeにアップされた"She Will Be Loved"
という曲のビデオを確認してみましたら

背中は分かりませんが、左右の肩に少し刺青があるぐらいでしたので
徐々になのか、一気になのか、増やしたのでしょうかねぇ。


彼の刺青について書かれたブログも発見。
タトゥー情報ブログさんの、こちらの記事

んで、なんでこんなに熱心に調べてんだ自分、と思ったら
なんと誕生日が一緒だった、というオマケが。

あ、もちろん生まれた年は違いますけど。ええ。


でもって、マルーン5について調べてたら、ご飯食べに行った先でも彼らの曲が
かかっていて驚きました。
しばらくは、マルーン5を聞け、というお告げかと思います。?
[PR]



by yui_usakame | 2013-08-04 20:01 | CD・DVD・映画

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。