カメがウサギにドンブリ勝負

カテゴリ:つぶや記( 138 )




引っ越し

ここでブログを書き始めて、10年ぐらい経過したそうです。

そろそろ場所をかえてみようか、と思いまして引っ越しました。

新しい住所はコチラです。

まだまだ設定がおいつかず、右往左往しておりますが
お近くにお寄りの際は(??)、お立ち寄りいただければ幸いです。


全部の記事を引っ越すつもりではないので、こちらは残しておく予定です。
もしかしたら、戻ってくるかもしれないし??


今までお読みいただいた方(がいるとしたら)どうもありがとうございました。
また、あちらでもお会いできたら嬉しいです。

ではでは、お知らせまで。







.
[PR]



by yui_usakame | 2016-08-03 21:48 | つぶや記 | Comments(0)

ブックカバーが愉しい

探し物をしている最中に見つけたのが
ブックカバーデザイン無料配布サイト Book Style

国旗、動物モチーフ、植物モチーフ、コラージュなどなどありまして。
古洋書風から、No.097というのを印字してみました。


ついでに、はずれにくいブックカバーのかけ方も備忘録として書いておこう。
いっつも忘れてしまって、途方に暮れるものですから・・・

d0075206_17222842.jpg

文庫本の高さになるよう、上下の紙を折ります。
d0075206_17224650.jpg

このブックカバーには背の部分に文字が印刷されていたので
それが綺麗に背表紙の真ん中へくるようにセットしまして。

次は、紙を開いて切込みをいれていきます。
本の厚み+1cmぐらいのところをめがけ、台形に切込みを入れまして
紙を内側に折り込みます。
d0075206_1723654.jpg


本を紙の上に置き、左右の紙を内側へ折ります。
d0075206_17404967.jpg


次の工程が、いつも私が迷う部分なのですが...
本をブックカバーからはずして
d0075206_1811316.jpg

紙を下へ潜らすようにする、とでも表現したらいいのでしょうか。
これを4箇所繰り返します。

d0075206_1827779.jpg

さて、無事に完成できましたでしょうか?!

これ、動画だったら簡単に説明できるんでしょうね。ほほほ。







.
[PR]



by yui_usakame | 2016-02-14 20:09 | つぶや記 | Comments(0)

”一升餅”から思ったこと

子どもが満一歳を迎えたお祝いに”一升餅”という行事があることを最近知りました。

困ったときのWikipedia

>一升餅とは、一般的に一升分の量のもち米から作られた餅を丸めた物の事をさす。

ふむふむ。

【初誕生祝い】という項目を読みますと

>子供の満一歳のお祝いのときに用いられる。
>「一升」と「一生」を掛けて一生食べ物に困らないようにという意味が込められている。
>また、丸いことから「一生丸く長生き出来るように」と願いを込めたものともいう。
>この意味や祝う行事は地域や各家庭によって様々だが、親から子へ受け継がれるもので
>あるため、各家庭の特色がみられる祝いでもある。
>呼び名も様々で、「一生餅」「誕生餅」「一歳餅」「力餅」とも呼ばれる。


で、ふと私の脳裏によみがえったのが徳川家康の言葉。
本人が本当におっしゃったのかは不明ですが、

徳川家康公遺訓 人の一生は重荷を負って遠き道を行くが如し、急ぐべからず――

日本歴史遺産研究会 / ゴマブックス株式会社



この本のタイトルに書いてある言葉であります。

人の一生は重荷を負って遠き道を行くが如し、急ぐべからず


小学校の遠足で初めて訪れた日光・東照宮。

お土産を探していた時に、とあるボールペンを見つけまして。
大きさは通常のボールペンよりも小さめで、本体はピンク、キャップは金色。
そのキャップの部分に家康公の言葉と葵の御紋が入っていたと思います。

数年前まで持っていたのですが、実物は処分してしまったなぁ。残念。


なんでしょうかねぇ、小学生ながらに、何かを感じたのでありましょう。
金色&ピンクという組み合わせのモノを購入したのは、今までの人生で
その時だけだと思います。
なので、きっとその言葉に何かを感じたんだと思います。


まだ人生が何たるかも分かっていなかったのに、(まぁ、今もそうですが)
海馬に刻まれた、この言葉。


今思うと、重いわ。重すぎるわ!!

物事を楽天的に捉えるというよりは、まぁ、確かにねぇ、ペシミズムっぽいところが
あるのは自覚しているので。
生まれながら?の性質に加え、それを加速?させるような言葉を集めてしまったんじゃ
ないかしら、私の脳。

そもそも、この言葉を読んでも私のように”重い”とは感じず
「なるほど、そうゆうこともあるかぁ」
「急がず着実にいけばいいんだな」と感じる人もいるかもしれないし。


高校のときだって、先生が夏の課題本リストに載せていた

ラ・ロシュフコー箴言集 (岩波文庫 赤510-1)

岩波書店



これに、いたくハマりまして。

”人は決して自分が思うほど幸福でも不幸でもない”と言った文章を、ふむふむと
分かったように頷いては本から書き抜きしておりました。
おそらく、得意げに友人に使っていたことも。あぁああああ、恥ずかしすぎる。


言葉が人生を作るって、なんとなく分かっていたけれど。
よくよく自分の人生を振り返ってみると、確かに今の自分を形作る言葉を選んで、覚えて
使ってきたんだな、と。

そう、しみじみ思ったら・・・・・うわぁああああ、となった今日この頃です。
[PR]



by yui_usakame | 2015-06-14 18:22 | つぶや記 | Comments(0)

変わりゆく街並み

タイトルがなにやら大袈裟ですが。

昨年、立て続けにご近所さんが引っ越していきました。
そこへ、新たな家が建ち、新たなご家族が。


私が越してきた40年ぐらい前、このあたりは同じ建築会社が一括して家を建てて
売り出したため、似たようなデザインの家が並んでおりました。
長い年月を経て、リフォームする家や、家を建て直すところもありましたが
それでも住人が変わることは、まずありませんでした。

もちろん、それぞれの家庭の中では動きもあって。

昔一緒に遊んだ子たちは独立し、めったに姿を見なくなり、
数年後には、彼らが子供を連れて週末実家へ戻る風景が見られ、
そして、その子たちも大きくなり、それぞれの生活に忙しいのか滅多に姿を見なくなり、
ここ数年、静かだった我が家付近。

終の棲家を見つけたので、といって引っ越されたご家族を見て、しみじみ自分の年齢を
考えてしまったのです。
もうずいぶんと長いこと、ここにいるもんだわい、と。
余りにも長く同じ地域に住み、挨拶をかわしていたものですから、彼らが住んでいた場所が
更地になった時は特に寂しくなってしまいました。


新しい住民の方々には小学生のお子さんたちがいるので、登校時、「○○ちゃん、おはよー!」
というような挨拶、愉しそうな笑い声で近所が一瞬だけ賑やかに。

あとは彼らと生活時間帯が違うため、ほとんど声を聞くことがなかったのですが。
この連休中は、ほぼ毎朝彼らの声で起きるという。
なんだか、懐かしいなぁ、と。

昔は、自分たちがそうやって周囲の大人たちに「うるさいなぁ、でもまぁ、仕方ないか」と
思ってもらってたんだろうなぁ、と。

自分は変わらないけれど、周囲の環境が変わることで自分の年齢を自覚せざるを得ない
そんな今日この頃です。

でも、年齢は咄嗟に出てきません。一年が早すぎるのです。
生年月日を記載したりすることが少なくなったこともありますが、もう自分でも把握しきれてなくて。
嘘をつくつもりはないのですが、突然聞かれると「え、あれ。えーっと」となったりします。
と、誰に向けてるのか分からない言い訳も書いておきます。
[PR]



by yui_usakame | 2015-05-06 17:33 | つぶや記 | Comments(0)

2本目

2012年6月に1本目が育ってから、はやくも2年弱。

d0075206_20393547.jpg


ようやく2本目が成長いたしました。


毎日ブログを書いていたら、3~5本ぐらい植樹ができる、このグリムス(gremz)の
植林プロジェクト。

2年で1本ってことは、いかに、のんびりぐーたらなペースで書いてるか、
って感じですが。

今年は、少しでも定期的に書く癖をつけたいな、と思う今日この頃。
と、毎回書いてる気もする今日この頃。



さて、明日の女子フィギュアフリーを見るために仮眠せねば。
[PR]



by yui_usakame | 2014-02-20 22:06 | つぶや記 | Comments(0)

大雪とハチ公

先日の大雪で、渋谷のハチ公に異変?!ということで
ご存知の方も多いと思いますが、ツイッターで動きを追ってみると。。。


ハチ公に友達できてた


ハチ公のとなりにハチ公。ww作った人、すごい!!

そして、最後に

ハチ公3匹に増えとる!


今週、関東方面に出ていた雪の予報も無くなったようだし
今週末こそは、のんびりと過ごせそうだなと安堵しております。
[PR]



by yui_usakame | 2014-02-18 22:31 | つぶや記 | Comments(0)

傘の図柄が一夜にして・・・?

15時過ぎから雨が上がるという予報ではあるけれど、
朝からしっとりしっかり降っているし
今日も長い傘でいくかー、という訳で。


外に置いてあった傘立てから傘を取りまして、
傘をさしながらバス停へ。


5歩ほど進んで、あれ・・・?

あれれ・・・・・?


私の傘の柄って、、、かたつむり柄だったっけ??


いやいや、そんなはずは。。。

でも、とりあえずバス停まで歩こう。


いや、でも気になるなぁ。
上を見上げつつ、なんとか歩きました。


ま、まさかと思うけれど、、、傘をはずし、そっと表面をのぞくと

や、やっぱり。


大きいもので体長1センチぐらい、小さいものは6ミリぐらいの
それはそれは可愛いサイズのかたつむりが傘についているでは
ありませんか!!

合計5匹。


バス停近くの植え込みに、彼らをお連れしましてバスにも無事
乗ることができました。


それにしても、なにが起きたんでしょう私の傘に。

あれはファミリーだったのか?!


何かのメッセージなのか?!!という訳で調べてみました。



”かたつむり” ”象徴”で検索してみますと


・怠惰の象徴

ははは。。。。。。。5匹も。。。。どんだけ怠惰。



・マヤでは、カタツムリは出産を象徴

ほ~、それは知らなかった。
マヤの人たちは、飲み水の浄化にカタツムリを使っていたのでは?
という説もあるようですね。
マヤ遺跡ではエルカラコル(かたつむり)と呼ばれる天文台があるし。


夢辞典で調べてみたところ

・マイペース・自分のリズムで行動をしている象徴
・井の中の蛙大海を知らずの象徴
・世間・周囲から乗り遅れてしまう事への警告



あー、、、えー、、、、っと。



ま、そんな不思議なことがあった梅雨の一日でありました。
[PR]



by yui_usakame | 2013-06-14 21:47 | つぶや記 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

新年いかがお過ごしでしょうか。


犬がいないと朝がのんびりになってしまい
初詣に出かけた近所の神社は大混雑となっておりました。

あ、あんなに混雑する神社を初めて見たなぁ。



で、話は完全に飛びますが

スズキのCMの渡辺謙さんが素敵すぎて、元旦から
プチ興奮しております。

CMをご覧になっていない方は、よろしければコチラを。


コイツがやってくれた(受賞した)、という感じで拳を車にあて、

「受賞しました」と言いながら、やったぁ~と言わんばかりに
その拳を前に。


なーんてことない動作のように見えますが
なーんかいいんですよね。


謙さんご自身、この車を運転されているそうで。
ハリウッド作品にも出た人が、軽自動車!
(だから?という声も聞こえそう)


いやぁ、年末宝くじに当たっていたら同じ車にするんだけど
(本当かいな)
そもそも宝くじを買いそびれてるから絶対に当たることはないという。。。


まぁ、そんなこんなで今年も相変わらず、のんびりのんびりと
書いていくと思われますが、お付き合いいただけると幸いです。
[PR]



by yui_usakame | 2013-01-01 21:44 | つぶや記 | Comments(0)

年賀状、ひとやま越えました

みなさま、三連休いかがでしたでしょうか。

わたくし、まったく何の自慢にもならないのですが
だいたい冬のこのシーズンは寝込んでまして。

えぇ、今年もほぼ寝込んでおりましたよ。
寝込んでるか、全日本フィギュアスケート見てるか
って感じでした。


えぇ、えぇ、来年は挽回しますよ。ふがー
沖縄にいるんですよ、来年は。うんうん
(すみません、単なる妄想ですのでお気にせず)




で、今日は朝11時から涙目で年賀状を印字して
午後から書き始めました。


最近、めったに文字を書かないので簡単な漢字でも
思い出せなくて辞書引いたり
なかなか書くペースが上がらなかったなぁ。


でもって、年賀状書いていると色々と思いませんか?

あぁ、この方と今年も会えなかったなぁ。
どうされてるかなー、とか

どちらからともなく音信不通になってしまった方とか

まぁ色んな事情で連絡しなくなった方とか


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ま、何十年も生きていると色々ありますよね。



そんな訳で、なんとか年賀状の山を築くことができました。
あら。

やれば、できるんじゃない。


って、ちがーう!!

来年は、余裕をもって年賀状を作成できるように
でもって、クリスマスシーズンに寝込まないように

という目標をかかげることにします。


さーて。
来年の今ごろは、なんて書いてますでしょうか。。。
[PR]



by yui_usakame | 2012-12-24 21:32 | つぶや記 | Comments(0)

"グレーの微笑"とは、なんと言い得て妙な

本日、毎日新聞の夕刊1面に

「グレーの微笑」 アイルワースのモナリザ本物?
という見出しが。

先月末、スイスにあるモナリザ財団が1つの作品を
レオナルド・ダヴィンチが描いたもの、と発表。

それが、アイルワースのモナ・リザ。


私が、この作品の存在を知ったのは数年前の
このテレビ番組でした。



ナレーションでは、「(この作品がダヴィンチの作品だと)
正式発表のカウントダウンに入った」と言ってますが
この番組が放映されたのは2005年だったようで。

あれから7年かぁ。。。


ところがどっこい、すっとこどっこい。
調査には35年以上かけた、とか。
そんなに前から調べていたんだなぁ。


今年6月上旬まで渋谷で開催されていた
『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想』展について
こちらに長々書きました


そうなんですよー、アイルワースのモナ・リザが
来てたんです。

もう発表すると決まってたのかなぁ。。。


すでに、ダヴィンチ作ではない、と異論を唱える研究者も
いるとのこと。


確かに、すごく絵が綺麗だったんだよなぁ。
約500年の時を経た、という感じではない鮮やかさ。

でもでも、炭素年代測定とかで16世紀初頭の作品であることは
証明できるみたいだしなぁ。


モナ・リザが描かれてから、ほどなく(って、どれぐらいかは不明ですが)
もう模倣的な作品が他の画家たちによって作られていたというし

当時から相当に注目されているモナ・リザ。
これから先も、新たなモナ・リザが発見されたりするのかしら。


さて、渦中のアイルワースのモナ・リザはスイスで
「さぁ、私を描いたのは誰でしょう?」とばかりに
今日も謎の微笑みを浮かべているのでしょうか。。。
[PR]



by yui_usakame | 2012-10-06 22:52 | つぶや記 | Comments(0)

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

コロコロ様 コメン..
by yui_usakame at 18:37
はじめまして 私も内覧..
by コロコロ at 20:23
masami様 は..
by yui_usakame at 08:31
はじめまして、こんばんは..
by masami at 20:53
さとう様 初めまし..
by yui_usakame at 22:33
初めまして。さとうと申し..
by さとう at 23:51
zebra様 コメ..
by yui_usakame at 22:41
たったいま観終わりました..
by zebra at 20:10
こんばんは。 観て良か..
by yui_usakame at 20:56
めぐり合わせのお弁当 観..
by Lift, weig at 18:45

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。