カメがウサギにドンブリ勝負

ゲドと出会う

この本、ご覧になったこと
ありますでしょうか?
d0075206_23114738.jpg

文庫本サイズの『ゲドを読む。』

そう、『ゲド戦記』の「ゲド」であります。

この本は糸井重里氏がプロデュースし、
岩波書店とスタジオジブリが編集協力して
作られた「文庫本のかたちのフリーペーパー」。

特定の本屋さんや、CD屋さんに置かれている
そうです。


友人から特に何の説明も無く「はい」と
手渡され。
「あぁ、ゲドね」なんて、知ったかぶりして
受け取った私。

今朝、ふと思い出してカバンに入れ。
通勤電車で読み出したら、もう大変。

あまりにも中沢新一さんが書かれた、
『ゲド戦記』の愉しみ方 という文章が
素晴らしくて。

読みます、読みます。
もう、今すぐにでも買いに行きたい!
ってぐらい心動かされちゃって。

まだ『ゲドを読む。』全部読みきって
ないけど。
これ以上『ゲドを読む。』を読んだら、
全部ストーリーが分かってしまうかも!?
という変な危機感も募りまして。

まずは原文読むべし。
会社帰りに購入。
d0075206_23261354.jpg

『ゲド戦記 影との戦い』

まだ半分しか読んでないのですが、
序盤からグイグイと話に引き込まれ。

主人公が魔法使いになる修行を積むあたり
『ハリー・ポッター』シリーズに似てるなぁ。
っていうか、『ゲド』の方が30年ぐらい前に
出版されてるけど。

「出会いは人から」と申しますが。

「人から人」だけに限らず、自分の世界を
広げてくれる本、音楽、味にも引き合わせて
もらえて。
ありがたいことです。
[PR]



by yui_usakame | 2007-06-21 23:11 |

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。