カメがウサギにドンブリ勝負

映画『裏切りのサーカス』 小物からも目が離せない

前回に引き続きまして、映画『裏切りのサーカス』の話をば。

と、しれっと書きつつ前回から2か月も経過してるのか。
そりゃー、ちょっと記憶が薄れてきている訳だ。
これ以上忘れないうちに書かねば。


という訳で、完全なるネタバレ(と妄想)の世界が始まりますのでご注意くださいませ!!







************************************************************








Amazonのレビューで「まず登場人物を把握するのが難しい」的なコメントを
見かけまして。

何の自慢にもなりませんが、登場人物の名前を覚えないことで定評のある私は
メモ帳片手に、ポーズボタンを連打しながら観ることにいたしました。

正確に書けば、”覚えない”ではなく”覚えられない”であります。
小説であれば字面で違いを見分ける、というか。
映画ならばメモるしかないかな、と。


さて、冒頭シーン。

ガウンをきた男性が部下らしき人物にブタペスト行きを命じます。

部下がブタペストのエージェントと話をしているシーンに出てくる
喫茶店のコースターが可愛い。
d0075206_21195719.jpg



d0075206_21332580.jpg

あ。。。
そうですか、せっかくメモしたのに部下のジム・プリドーさんが亡くなられてしまった。。。


d0075206_2112638.jpg

何かの書類にサインしている彼は、コントロールさんというらしい。

そしたら、一気に5人登場。
d0075206_2343953.jpg


スマイリーさん、あぁ、この方が主人公ですな。
DVDの表紙にババーンと出てますし。この方は覚えた。
あとの方々は”蝶ネクタイさん”とか”レーガンさん”とか、あだ名をつけて
とりあえず乗り切ろう。

もちろん役名もあるのですが、コントロールさんが密かにつけた
名前もありまして
d0075206_23113063.jpg


お、覚えられない。
ちなみに、”プアマン”は蝶ネクタイをつけているから”蝶ネクタイさん”
”ソルジャー”が、なんとなくレーガン元大統領に似ていたので”レーガンさん”と
勝手に呼んでおりました・・・


さてスマイリーさんとコントロールさんは退職するらしい。ふむ。
そして2人は並んで帰っていく、と。

階段から2人が下りてきまして
d0075206_2345798.jpg

2人の動線がピンクの線。


階段の下から、すすすーーーっと動いてくる1人の男性。
この白い動線が、カンバーバッチ氏演じるギラムさん。

わあ!お早い登場で!!(そこかい)
前髪もあるし、地毛に近い(地毛ですか??)髪色だ!


画面ではタイトルと、出演者の名前が流れだし
d0075206_2141742.jpg

なんてツッコミをいれつつ

仕事での失敗を、コントロールさんと自分で責任を取る形になったスマイリーさん。
コントロールさんからは何も聞かされてなかったようで、少々茫然としているように
見えます。

そしてコントロールさんからは何の釈明もなく、無言のまま別れる2人。
d0075206_0171838.jpg

痺れました。足じゃないです、足が痺れたんじゃなくて。
何のセリフもなく、ただ鉄格子の前で少し佇んでいるシーンなのですが
互いの心の声が聞こえてきそうだなぁ、と。


翌朝(?)、何かを小脇に抱えて出かけるスマイリーさん。
あ、仕事の中で1つのプロジェクトを失敗しただけで首になった訳では
なかったのか?と思ったら。

後に出てくるシーンからすると、どうもスイミングに行くところだったようで。

そして、雨が降った日にメガネ屋へ。
d0075206_21533765.jpg


新しい眼鏡をかけ、窓ガラスに映った自分に向かい何とも言えない
笑みをもらしているようにも見えました。

d0075206_2211211.jpg

左上が退職前のメガネ。
右下が退職後であります。

退職後の方が、仕事っぽいのになぁ、、、なんて思ってました。


これが。このメガネが。
大きな仕掛けだったことに気づきませんでした。
そりゃ、退職後の方が仕事っぽいはずだよな。うんうん。
すごい仕事ぶりだもんな。うんうん。

よくわかる 『裏切りのサーカス』 全解説 【再改訂版】

こちらの文章を読み、初めてその深い意味に気が付いたという。。。
過去と現在の区別をつけるために、主人公のメガネを使うとは。

まぁ、つまり私はメガネに頼らなくても過去と現在の区別がついた、と。
(いや、3回は見たしな。。。)



あと、小道具も素敵だったなぁ。

スマイリーさんの寝室にあるリング置き。
d0075206_2317480.jpg

少し見えづらいですが、手の形。
グリーンで統一された化粧品の瓶も色合いが洒落ている。

奥さん宛の手紙の上に置くペーパーウェイト
d0075206_2317878.jpg


そして、こちらも重要な小道具と言えるライター
d0075206_23173443.jpg

これを渡すって・・・どうなんでしょう、スマイリーさん。

そして、何といっても私の心を鷲掴みにしたのが
d0075206_2317491.jpg

英国旗をまとったブルドッグ。しかも大きいのと小さいの!!


インターネットで検索してみたら、どうやら映画『007 スカイフォール』でも
似たような置物が出てくるようですね。
Royal Doulton Jack 【2012年Skyfall限定版】 英国旗(ユニオンジャック)のブルドック
という名前でAmazonでも販売されているようです。

このシーン。

コントロールさん大ピンチ!のシーンなのに。
なのに、ブルドックに心奪われてしまいました。


『裏切りのサーカス』(Tinker Tailor Soldier Spy)は2度目以降の鑑賞が面白い!

こちらにも、ブルドックのことが書かれていました。
このブルドックは、ある人の私物だったとか!ほーーー

その他にも色々と「ほーー!」となることが書いてありますので、
興味のある方は是非。


そして、この映画で一番見つめてしまった小道具。

それは・・・

d0075206_053263.jpg


書類カバンであります。

皆さん、持ってるんです。
一昔前の女学生のような、いっぱい書類がはいりそうな立派な鞄を。

だれがモグラ(二重スパイ)なのか?ということで、ヒントとして
カバンがアップになるんですけれど。

あれ、これ誰のだったっけ?!みたいな。

役名も覚えられない私が、カバンを覚えられるわけもなく。
そして、結局はそのヒント画像?も”正解の1つ”だったので、そんなに
目を皿のようにして見なくても良かったのですが。


それにしても、色々と小道具が大きな役割を果たす映画だなぁ、と
思ったのでございます。


さーて、次回こそはカンバーバッチ氏中心に書くぞー!
(まだ書くんかいな)
[PR]



by yui_usakame | 2014-05-28 00:20 | ―『裏切りのサーカス』

のんびり、のびのび、書きたいときは沢山書く。書かないときは、何か月も書かない。そんな、ぐーたらブログです。
by yui_usakame
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

4本目を育成中です☆

  • このブログに掲載されている写真・文章などの 無断使用はご遠慮ください。